2020年 2月17日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

ハローキティぐでたまなどのキャラクターを持ち、キャラクタービジネスを展開するサンリオ社の業績がどんどん悪化していることが話題になっています。

 

2月12日の第3四半期決算内容は・・・

 

売り上げ 42,451百万(前年同期 -3.4%)

経常利益 3,307百万(前年同期 -27.9%)

純利益  1,540百万(前年同期 -48.9%) 

 

と過去5年においても最低の数字となりました。

 

これを受けて株価も急落し、直近の高値2,221円から本日の終値で1,938円と約13%も下落しております。

 

香港デモやコロナ問題など予定外の動きは多かった部分もあったと思いますが、サンリオピューロランドがV字回復したというニュースを見ていたので、この結果は少し残念な気持ちになりました。

 

私は日本初の文化やエンターテイメントが好きで、そこに誇りを感じる人間なので、日本の誇るスーパースターである「ハローキティ」がより世界に認知され、サンリオ社が立ち直っていくことを心から願っております。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・23,523.24銭(前日比-164.35銭
TOPIX・・・1,687.77(前日比-15.10
JASDAQ・・・3,743.15(前日比-37.93
マザーズ指数・・・828.80(前日比-12.89

 

[本日の動き]

 

先週末のアメリカ市場

ダウが-25.23㌦ の 29,398.08ドル
S&P500指数は+6.22ポイント の 3,380.16

 

先週末のアメリカ市場はダウは小幅下落、ナスダックとS&P500 は小幅上昇となりました。

 

先日中国政府が新型コロナウイルスへの感染を認定する基準を変更したため、大幅増となった患者数ですが、翌日は4000人台の増加とさすがに鈍化する動きとなりました。

 

しかし、それでも世界経済への懸念はぬぐえず、アメリカ株にとっては大きな重しとなってしまいました。

 

その反面ナスダック採用銘柄のエヌビディアは11-1月期決算を発表し、1株利益、売上高とも予想を上回ったことが好感され、アメリカ市場の半導体関連銘柄が物色され、結果的に指数に寄与しました。

 

また、取引終盤には大統領選を睨み、トランプ大統領が、株式投資を促すために税制上の優遇措置の導入を検討していると報じられるとマイナス圏に沈んでいたダウも、上昇し前日比レベルに近いところまで値を戻す動きになりました。

 

ここからの株価の動きをイメージすることは難しいですが、確実に新型コロナの影響で中国関連や旅行・娯楽関係の分野にはダメージがでてくるのは間違いありません。

 

ただそこでポイントとなってくるのが中国政府による金融政策です。

 

中国人民銀行はすでに金融市場に約19兆円のお金を流して経済が滞留しないようにやっきになっており、今後もウイルス対策とそれに伴う経済対策に多くのお金を市場にながすでしょう。

 

それ次第では、大きく下がった株に買い戻しの動きも生まれるはずなので、逆に下がった株はねらい目になる可能性もあります。

 

今後は中国政府の経済政策により目を光らすタイミングかと思われます。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

先週末のアメリカ市場が軟調であったこと、土日の間で新型コロナウイルスの国内感染の話題が多かったこと、取引時間前の2019年10~12月期の実質国内総生産GDP)が年率換算で6.3%急減したこと、など悪材料が重なり、日本株は朝から大きく売られる展開となりました。

 

寄り付き後は高速自動売買や海外の足の速いヘッジファンドが指数に断続的な売りを入れたことで日経平均は一時350円安まで下落する動きとなり、悪材料のインパクトの大きさを物語る内容となりました。

 

しかしその後、中国人民銀行中央銀行)が金融緩和に動くとの情報から中国市場(とりわけ上海総合指数が)が盛り返す動きを見せたことで、日本株も全体的に下げ止まる動きを見せ、多少の上下はありながらも大引けにかけて下げ幅を縮める展開となりました。

 

今後の日本市場の値動きは、国内での感染が爆発的に広がることで経済活動に悪影響がこれ以上でるのか、もしくは先ほど記載した中国政府の対応によって経済は早期に回復するのかの両方のシナリオによって大きく変わると思われます。

 

個人的には今はまだ動きが読めないので、大きな買いは控えて、影響の少ない分野の株を少し買うことや、逆に影響が懸念されて大きく売られている株をチェックするタイミングではないか?と考えています。

 

それによって大きなケガをしなければ、いずれ株価は必ず戻るのでその時に一気に利益を出していけるはずです。

 

とりあえず今は大きく動かず、チャンスを待ちましょう、そう思う今日この頃です。

 

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5

1位<3125>新内外綿(株)(+28.71%)
2位<7980>(株)重松製作所(+25.84%)
3位<4120>スガイ化学工業(株)(+25.16%)
4位<6094>(株)フリークアウト・ホールディングス(+24.90%)
5位<3417>大木ヘルスケアホールディングス(株)(+23.88%)

☆値下り下位5

1位<3928>(株)マイネット(-21.01%)
2位<6786>(株)RVH(-20.39%)
3位<5381>Mipox(株)(-20.31%)
4位<9272>ブティックス(株)(-19.75%)
5位<2334>(株)イオレ(-19.25%)

 

 

朝 8時58分頃の数字回り

円/ドル・・・109.796円(円安)
原油・・・52.12(上昇)

 

米5年債・・・1.4454(下落)
米10年債・・・1.6190(下落)
米30年債・・・2.0726(下落)

 

半導体指数・・・1,960.34(上昇)
ビットコイン・・・1,123,783円(下落)