2020年 1月22日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

人気俳優の東出昌大さん、杏さん夫婦が現在別居していることが話題になっています。

 

双方の事務所も別居事態は認めており、東出さんが家を追い出される!?感じになっているみたいです。

 

真偽のほどはわかりませんが、東出さんの女性問題が原因にあると週刊誌は報じており、もし事実なら弁明の余地なしで、東出さんの人気も地に落ちるでしょう・・・

 

とても好感の持てる俳優さんなだけにできれば違う事実がでて、元のさやに戻ってほしいところです、特に子供も小さいようなので猶更です。

 

子供のことを第一に考えてうまくいくことを祈っています。

 

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・24,031.35銭(前日比+166.79銭
TOPIX・・・1,744.13(前日比+9.16
JASDAQ・・・3,965.07(前日比+12.26
マザーズ指数・・・886.04(前日比-0.20

 

[本日の動き]


昨日のアメリカ市場
ダウが-152.06㌦ の 29,196.04ドル
S&P500指数は-8.83ポイント の 3,320.79

 

昨日のアメリカ市場は3指数揃って下落する動きとなりました。

 

昨日の日本の取引時間中に新型コロナウイルスの感染拡大が嫌気され、中国市場が暴落し、アメリカの先物指数にも断続的な売りが入ったため、ある意味当然の動きとなったわけですが、ここ最近の指数の高値に対して一時的な警戒感からの利益確定の動きが重なっただけだと思われます。

 

この記事を書いている夕方の時点でダウ先物指数は+100㌦ほどになっているので、本日の取引ではよほどの悪材料が出ない限り、プラスで引けてくると思われます。

 

過去にもMERSやエボラウイルスが流行した時に市場は過敏に反応し、一旦の下落を迎えましたが、それは一時的なものであったため、それほど懸念する材料ではないでしょう。

それよりもアメリカ企業の決算のほうが重要になってきますので、そちらを注視したほうがよほど意味があると思います。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

昨日のアメリカ市場が大きく下落してしまったことが嫌気され、日本市場も寄り付き後は軟調に推移し、日経平均は前日比-34円ほどまで下落しましたが、下値は限定的となり、一旦下がった所での押し目買いが相場を支える展開となりました。

 

その後は、中国市場が大きく持ち直し始めたのを機に、前日に下落した半導体関連や電子部品を中心に買い戻しが入り、指数を大きく押し上げました。

 

まあ東証一部の売買代金は相変わらず2兆円を下回っているため、積極的に株が買われたというよりも、海外筋による指数の買い戻しが大きかったのは言うまでもありませんが、再び24,000円の大台に戻ったため、今後はアメリカ企業の決算や日本企業の決算が大きく影響しそうです。

 

個人的には、もう少し下がった所を狙うつもりだったので、しばらく様子を見て積極的な買いは控える戦略をとるつもりです。

 

1月後半~2月はアノマリー的に株が下がりやすいという意見もあるみたいですし、慎重に動いていくのが吉な気がします。

 

それでは本日はこの辺で!!明日も頑張りましょう!!

 

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5

1位<1689>WisdomTree天然ガス上場投信(+50.0%)
2位<4558>(株)中京医薬品(+36.04%)
3位<3161>アゼアス(株)(+23.93%)
4位<3417>大木ヘルスケアホールディングス(株)(+22.73%)
5位<7685>(株)BuySellTechnologies(+21.74%)

 

☆値下り下位5

1位<6408>小倉クラッチ(株)(-19.21%)
2位<7518>ネットワンシステムズ(株)(-15.03%)
3位<6837>(株)京写(-10.68%)
4位<7076>名南M&A(株)(-9.61%)
5位<1776>三井住建道路(株)(-9.42%)

 

朝 9時00分頃の数字回り


円/ドル・・・109.920円(円安)
原油・・・58.31(上昇)

 

米5年債・・・1.5767(下落)
米10年債・・・1.7760(下落)
米30年債・・・2.2365(下落)

 

半導体指数・・・1,915.00(下落)
ビットコイン・・・958,320円(下落)