2019年 12月20日 株式市場の動き まとめ

本日&今週も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

米フォーブズが2019年最も稼いだYoutuberを発表し、その人物と驚愕の年収が話題になっています。

 

今年の首位は、アメリカ在住の「Ryan′s World」を運営するライアン・ケイジ君、すでに「君」をつけている時点で察してもらえると思いますが、年齢は8歳みたいです・・・

 

しかもその年収はなんと日本円で28億円・・・驚愕ですね。

 

おそらく日本のトップYoutuberであるヒカキンさんは10億円くらい?と推測されるのでその約3倍を8歳が稼ぎ出している計算になります。

 

こういう現実があるため、子供のなりたい職業ランキングの上位にYoutuberがくるのでしょうね・・・

 

まあ、私も地道に投資で稼げるように頑張ろうと思う今日この頃です。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・23,816.63銭(前日比-48.22銭
TOPIX・・・1,733.07(前日比-3.04
JASDAQ・・・3,758.43(前日比+6.96
マザーズ指数・・・872.35(前日比+5.45

 

[本日の動き]

昨日のアメリカ市場
ダウが+137.68㌦28,376.96ドル
S&P500指数は+14.23ポイント3,205.37

 

昨日のアメリカ市場は3指数揃って上昇となり、最高値を更新する動きとなりました。

 

理由としては、ムニューシン財務長官が米中の第1段階合意署名が来年の1月初旬になることに言及したことが、投資家の間でいまなおくすぶる不安感を払拭しリスクオンムードへ向かわせました。

 

ただアメリカ・フィラデルフィア連銀景況指数、アメリカ・中古住宅販売件数 、新規失業保険申請者数などの経済指標は悪化、もしくは予想より悪い結果となったこともあり、アメリカ経済の先行きには若干の?マークが漂う状況と言えます。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

昨日のアメリカ市場の上昇したので、本日日本株上昇か?と思わせる雰囲気でしたが、為替が昨日に比べやや円高であったのと、年末を前に、利益確定売りや損の確定による節税対策の売りなどが重しとなり、寄り付き後から株価は軟調な展開となりました。

 

前場後半に日経平均は、一時前日比-118円ほどの下落をみせましたが、前場終了後からは、中国・上海総合指数や香港ハンセン指数が強含んだことや、午後には日銀による上場投資信託ETF)の買い入れ観測が浮上し下げ幅を縮める場面もありました。

 

結局は買いが続かず、大引けには再び小幅下落しましたが、大きくは崩れていないだけに、底堅さも感じる一日となり、今のうちに押し目を拾うようにしていこうかな?と考えています。

 

年末まで残り僅か、しっかりと戦略をたてて頑張っていきましょう!!

 

[本日のランキング]


☆値上がり上位5社
1位<4485>(株)JTOWER(+22.58%)
2位<4366>ダイトーケミックス(株)(+19.92%)
3位<3496>(株)アズーム(+19.25%)
4位<1757>クレアホールディングス(株)(+17.65%)
5位<7673>ダイコー通産(株)(+17.20%)


☆値下り下位5社

1位<1689>WisdomTree 天然ガス上場投信(-33.33%)
2位<3672>(株)オルトプラス(-16.33%)
3位<4772>(株)ストリームメディアコーポレーション(-13.84%)
4位<7602>(株)カーチスホールディングス(-13.04%)
5位<5939>(株)大谷工業(-11.76%)


朝 8時59分頃の数字回り

円/ドル・・・109.383円(円高
原油・・・61.08(上昇)

米5年債・・・1.7350(下落)
米10年債・・・1.9222(変わらず)
米30年債・・・2.3538(上昇)

半導体指数・・・1,834.97(上昇)
ビットコイン・・・779,042円(下落)