2019年 12月18日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

本日東京オリンピックの2時抽選会の結果がメールで届きました。

 

開会式・閉会式・卓球・7人制ラグビーに合計約25万円分申し込んだ結果は・・・

 

 

 

すべて外れました、、、

 

 

何か心にぽっかり穴が開いた気分で残念すぎます。

 

とりあえず、残された可能性は春先に都内に設置されたショップで買うか、行けなくなった人のチケットを公式サイトを通じてリセールで買うか、企業が確保しているチケットを応募で当てるか、のいずれかの選択肢しかありません。

 

特に卓球の試合は見たかったのですが、残念でなりません。

気持ちの整理に時間がかかりそうですが、可能性は0でないと信じて春先からの購入に備えたいです・・・

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・23,934.43銭(前日比-131.69銭
TOPIX・・・1,738.40(前日比-8.80
JASDAQ・・・3,747.82(前日比-17.46
マザーズ指数・・・866.20(前日比-13.82

 

[本日の動き]

先週末のアメリカ市場
ダウが+31.27㌦28,267.16ドル
S&P500指数は+1.07ポイント3,192.52

 

昨日のアメリカ市場は、終始小幅な値動きに終始し、クリスマス休暇に入った投資家が多いことを如実に物語る結果となりました。

 

経済指標としては、11月の米住宅着工件数が発表され、年率換算で前月、また事前予想を上回る136.5万件となったこともあり、アメリカ市場の小幅な上昇を下支えしたのだと推測されます。

 

明日木曜日は欧米でそれなりに経済指標発表があるので、少し株価は動きそうですが、今夜は予定されていないので、サプライズがない限り、再び小幅な値動きになりそうです。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

昨日欧米での大きな動きがなく、市場参加者も少なめであったことから、日本市場では先日の年初来高値を警戒した利益確定売りが多く出る一日となりました。

 

寄り付き直後こそ、昨日の終値に近い値で動いていましたが、前場中から徐々に売りが優勢となり、後場開始から大引けまでに下げ幅はもう一段広がる展開となりました。

 

米中関係の改善やブレグジット問題の解決が織り込まれ、上値の重さが目立つ展開なだけに、日経平均が24,000円を大きく割り込むと一旦23,000円ラインが見えてしまう可能性がありますね。

 

個人的にはダブルインバースでダメージをくらったのですが、再びエントリーを検討する段階になってきたため、明日以降の動きを見てトライしようと思います。

 

12月30日の大納会まであとわずか、戦略をたてて臨みましょう!!

 

それでは本日はこのへんで!!

 

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<1689>WisdomTree 天然ガス上場投信(+50.0%)
2位<5781>東邦金属(株)(+29.56%)
3位<4772>(株)ストリームメディアコーポレーション(+28.90%)
4位<4366>ダイトーケミックス(株)(+18.57%)
5位<3639>(株)ボルテージ(+17.70%)

☆値下り下位5社

1位<5939>(株)大谷工業(-20.27%)
2位<3254>(株)プレサンスコーポレーション(-14.90%)
3位<9318>アジア開発キャピタル(株)(-12.50%)
4位<1758>太洋基礎工業(株)(-11.34%)
5位<3996>サインポスト(株)(-11.21%)

 

 

朝 8時50分頃の数字回り

円/ドル・・・109.519円(円高
原油・・・60.53(上昇)

米5年債・・・1.7015(下落)
米10年債・・・1.8749(上昇)
米30年債・・・2.2995(上昇)

半導体指数・・・1,821.92(上昇)
ビットコイン・・・725,430円(下落)