2019年 11月26日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

女優の沢尻エリカ容疑者が、逮捕されたことによるNHK大河ドラマへの影響がかなり甚大なものになってきました。

 

当初より、初回放送日の遅れが心配されていましたが、このほどNHKよりどんなに早くても1月19日以降の放送になることが公式に発表されました。

 

一人の女優の軽率な行動で、多くの人、モノ、金が無駄になり、放送を楽しみにしていた視聴者は怒りやら悲しみやらいろんな感情があるでしょう。

 

麻薬・ドラッグの問題は厳罰化の話や、厳罰化ではなく合法化のほうが良いのでは?など話が別方向に広がっていますが、私は厳罰化を支持します。

 

それも中国政府のように、極刑に近いくらいの厳罰化をすれば、アンダーグラウンドで広がるにしてもリスクが高くなっていくでしょうから、効果があると考えています。

 

まあ、今の日本で急には難しいでしょうが、そもそも麻薬・ドラッグに手を出さないことが一番ですよね。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・23,373.32銭(前日比+80.51銭
TOPIX・・・1,705.71(前日比+2.75
JASDAQ・・・3,635.69(前日比+6.36
マザーズ指数・・・894.36(前日比+10.83

 

[本日の動き]

 

先週末のアメリカ市場
ダウが+190.85㌦28,066.47ドル
S&P500指数は+23.35ポイント3,133.64

 

昨日のアメリカ市場は3指数揃って上昇となりました。

 

中国政府が知的財産権の侵害に対する賠償金の上限を引き上げを発表し、知的財産権を巡る問題で譲歩したとの思惑から、米中協議の進展期待が高まり、株価上昇へとつながりました。

 

また、共産党機関紙・人民日報傘下の環球時報、米中貿易協議について「第1段階」の合意が非常に近いと伝えたことも、市場にリスクオンムードが高まる要因を与えた側面もあります。

 

アメリカ市場は28日(木曜日)が感謝祭で休場、29日が感謝祭の翌日で午前中のみの取引となるため、日本市場としては、ベンチマークが若干なくなる気もしますが、米中両国の動きがポジティブに進めば、日経平均は24,000円を試す可能性もゼロではありません。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

昨日のアメリカ市場が大幅に上昇したことを受け、日本市場でも朝方から買いが殺到するスタートとなりました。

 

前場中に日経平均は、一時2万3608円06銭(前日比315円25銭高)まで上昇し、年初来高値を更新することになり、米中協議の進展という、一番ホットな話題が上昇要因であっただけにその勢いも凄まじいものがありました。

 

しかし、その後は利益確定売りに押され、後場には、2万3350円10銭(同57円29銭高)まで押し戻されるなど、値動きの激しい一日となりました。

 

市場関係者からは、(米中貿易協議に関する報道について)「大幅な前進が決定したわけではない」との見方もあり、上値を抑える要因になってしまったのは残念です。

 

11月も残り3日 まだまだ何が起こるかわかりません、気を引き締めて頑張っていきましょう!!

 

[本日のランキング]

 

☆値上がり上位5社

1位<1689>WisdomTree天然ガス上場投信(+50.0%)
2位<6898>トミタ電機(株)(+28.79%)
3位<6067>インパクトホールディングス(株)(+22.10%)
4位<6579>ログリー(株)(+20.83%)
5位<7462>ダイヤ通商(株)(+19.03%)


☆値下り下位5社

1位<4088>エア・ウォーター(株)(-12.26%)
2位<4699>ウチダエスコ(株)(-11.19%)
3位<4792>山田コンサルティンググループ(株)(-8.53%)
4位<9399>ビート・ホールディングス・リミテッド(-8.12%)
5位<1675>WisdomTreeパラジウム上場投信(-7.85%

 

朝 8時56分頃の数字回り

円/ドル・・・108.989円(円安)
原油・・・57.94(ほぼ変わらず)

米5年債・・・1.6075(下落)
米10年債・・・1.7517(下落)
米30年債・・・2.1971(下落)

半導体指数・・・1,731.95(上昇)
ビットコイン・・・777,300円(上昇)