2019年 11月18日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

ラグビーワールドカップで日本代表をベスト8まで導いたジェイミー・ジョセフ氏(49=ニュージーランドの去就が注目されていましたが、この度めでたく日本チームと後4年間の契約をしたと発表がありました。

 

ジョセフ氏は、日本をベスト8に導いた手腕から、ニュージーランドの代表監督候補に名前が挙がるなどしていましたが、日本チームをさらに強くしてくれるために、日本に残ってくれることになりました。

 

本当にありがたいですね。

 

私もにわかでしかないですが、今回のワールドカップには本当に熱くなりました。

 

生まれた国は違っても、ONE TEAMとして全力でプレーする姿をみると、明日への活力がわいてくる思いです。

次回2023年のフランス大会へ向けてさらなる活躍を期待しています!!

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・23,416.76銭(前日比+113.44銭
TOPIX・・・1,700.72(前日比+4.05
JASDAQ・・・3,583.34(前日比+25.77
マザーズ指数・・・868.97(前日比+15.34

 

[本日の動き]

 

先週末のアメリカ市場

ダウが+222.93㌦28,004.89ドル

S&P500指数は+23.83ポイント3,120.46

 

先週末のアメリカ市場は、3指数揃って大幅な上昇となりました。

 

先週末に、クドロー米大統領国家経済会議委員長から米中貿易協議の第1段階の合意に関して、「合意に近づいている」との談話が発表されたことで、リスク選好ムードが高くなり、アメリカ市場は大幅上昇となり、ダウは節目の28,000㌦を突破する形になりました。

 

米中は16日も閣僚が電話会談を行っており、中国商務省からは建設的な議論ができたとの声も出ており、米中貿易戦争の終結に大きな期待がもたれる展開と言えます。

 

また経済指標でも10月の小売り売上高が予想を上振れする結果となったことも、投資家心理の好転に寄与したと思われます。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

日経平均が今年の最高値を更新したり、その後微調整を迎えたりと、なかなか先行きが読みにくい展開ですが、本日は先週末のアメリカ市場が好調であったことや、為替が小幅ながら円安方向に動いていったことなどから、前場中に株価は大きく上昇する展開となりました。

 

その後は材料不足による利益確定売りもあり、後場にはいったん上げ幅を縮小する場面もありましたが、大引けにかけて再び買いが好調となり、本日の最高値付近で引けることになりました。

 

日本株の7割を売買するという海外勢も、10月から数えて実に6週連続の買い越しをしており、これが堅調な日本株指数をけん引していますが、米中関係が改善すれば、決して割高ではない日本株にそれなりに資金が流入する可能性は高いとみており、日経平均25,000円ラインも想定できると思われます。

 

私は今年の前半かなり苦労したので、現在絶賛取戻し中なため、さらに積極的な買い増しに入ろうと思います。

ただ資金管理は徹底して、暴落がきても耐えられるようにはしておきたいですが。

 

それでは本日はこのへんで!!

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<8704>トレイダーズホールディングス(株)(+30.93%)
2位<3933>チエル(株)(+26.22%)
3位<6096>(株)レアジョブ(+21.21%)
4位<4920>(株)日本色材工業研究所(+19.34%)
5位<1436>(株)フィット(+17.76%)

 

☆値下り下位5社

1位<3564>(株)LIXILビバ(-12.47%)
2位<7815>東京ボード工業(株)(-12.03%)
3位<6062>(株)チャーム・ケア・コーポレーション(-11.35%)
4位<4346>(株)ネクシィーズグループ(-11.02%)
5位<6584>三桜工業(株)(-10.58%)

 

朝 9時6分頃の数字回り


円/ドル・・・108.73円(円安)
原油・・・57.83(上昇)

米5年債・・・1.6534(上昇)
米10年債・・・1.8359(上昇)
米30年債・・・2.3083(上昇)

半導体指数・・・1,742.93(上昇)
ビットコイン・・・924,500円(下落)