2019年 11月13日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

ZOZO創業者でスタートトゥデイの社長の前澤友作さんが女優の剛力彩芽さんと破局したことが話題になっています。

 

別れる二人がいればくっつく二人もいるわけで、嵐の二宮和也さんが元フリーアナウンサー伊藤綾子さんと結婚を発表しました。

 

ジャニーズファンから匂わせ女子として炎上することが多い伊藤綾子さんに配慮して、一般人との結婚と発表していますが、TV局にもこの件で圧力がかかってそうです。

 

まあ、芸能界の恋愛事情は、枚挙にいとまがありませんが、どちらも(違う意味になりますが)うまくいってほしいですね(笑)

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・23,319.87銭(前日比-200.14銭
TOPIX・・・1,700.33(前日比-9.34
JASDAQ・・・3,554.99(前日比+6.02
マザーズ指数・・・856.93(前日比-8.17

 

[本日の動き]

昨日のアメリカ市場はダウが+0.00㌦27,691.49ドル、S&P500指数は+4.83ポイント3,091.84でクローズとなりました。

 

昨日のアメリカ市場は、小幅な値動きとなり、ダウ指数にいたっては0.00で引ける展開となりました。

 

昨日お伝えしていましたが、NYでトランプ大統領が講演を行ったなかで、FRBへの金融緩和を求めたことは市場にはプラスと捉えれましたが、米中協議については「合意に至らなければ関税を課すことを改めて示唆、これは中国のみならず他国も同様である」と明言し、投資家達の期待する内容でなかったため、マイナス要素に働きました。

 

アメリカ市場が空前の高値圏に入る中で、2期目の当選を目指すトランプ大統領の強気発言は想定通りといったところで、市場の反応は限定的ともとれますが、不透明感が広がったことで積極的に上値を試す展開にはなりにくいのでしょう。

 

ここからは1本調子で株価の上昇は見られないかもしれませんが、決算も予想以上の結果を出す企業も多いことから、微調整をいれながらでも上昇していくのでは?

と考えております。

 

年末まで今まで以上の集中力で情報収集にあたりましょう。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

トランプ大統領のネガティブ発言の影響とそれに伴う、円高の進行で寄り付き直後から株価(とりわけ225銘柄)は値下がりし、売りが先行する展開となりました。

 

また緊迫する香港情勢もマイナス要因に働き、香港ハンセン指数がまたも暴落すると、日本株も一段値下がりし、昨日のプラス分をすべて吐き出しマイナスに沈む動きとなっていきました。

 

後場に入り、大引けにかけて円が再び109円台に入ってきたことで、少し下げ幅は縮小されましたが、明日未明に行われるFRBのパウエル議長の議会証言を見極めたい投資家達が買いを見送ったため積極的な買いの動きとはなりませんでした。

 

株価が上昇するととたんに強気となるトランプ大統領は本当にただの害悪ジジイですが、このちゃぶ台返しがあるからこそ押し目買いをしやすい展開になりやすいとも言えます。

 

悲しいですが、正攻法は諦めてトランプ大統領の心理を分析(こっちのほうが簡単!?)したほうが勝ちやすい気がしてきます・・・

 

それでは明日も頑張りましょう!!

 

[本日のランキング]


☆値上がり上位5社

1位<6591>西芝電機(株)(+36.36%)
2位<6239>(株)ナガオカ(+28.76%)
3位<1685>WisdomTree エネルギー上場投信(+26.57%)
4位<9625>(株)セレスポ(+24.21%)
5位<3209>カネヨウ(株)(+20.95%)

 

☆値下り下位5社

1位<9318>アジア開発キャピタル(株)(-20.0%)
2位<6579>ログリー(株)(-19.08%)
3位<8836>(株)RISE(-16.67%)
4位<8938>グローム・ホールディングス(株)(-15.13%)
5位<4445>リビン・テクノロジーズ(株)(-15.12%)

 

朝 8時52分頃の数字回り

円/ドル・・・109.00円(円高
原油・・・56.66(上昇)


米5年債・・・1.7324(下落)
米10年債・・・1.9277(下落)
米30年債・・・2.4044(下落)

 

半導体指数・・・1,732.42(上昇)
ビットコイン・・・958,915円(上昇)