2019年 11月11日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

KAZMAXの名前で活動していた投資家の吉澤和真さんが、合成麻薬MDMAを使用した容疑で逮捕されました。

 

一時期は50億円トレーダーや、5000人規模の投資サロンを開いていたようですが、怪しさMAXの投資方法で昔から言い噂は聞こえてこない人物でした。

 

有名になったのはAKBの峰岸みなみさんと頻繁に飲んでいることで、彼氏疑惑などが持ち上がったことですが、今回の件で芸能界の薬物問題にも影響があるかもしれませんね。

 

SNSの発信内容や噂からしかこの人を判断できませんが、投資で成功し、詐欺まがいの手法で消費者から金を集め、その金で豪遊、結果薬で逮捕。

 

稼いだお金を慈善団体に寄付しまくるくらいの器の大きい人物ならこんなことにはならないでしょうが、今回の逮捕報道を聞き、お金に操られた人物の安いドラマ脚本をみているように感じました。

 

お金は怖いね(笑)

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・23,331.84銭(前日比-60.03銭
TOPIX・・・1,704.03(前日比+1.26
JASDAQ・・・3,537.13(前日比+13.98
マザーズ指数・・・867.68(前日比+9.86

 

[本日の動き]

先週末のアメリカ市場はダウが+6.44㌦27,681.24ドル、S&P500指数は+7.90ポイント3,093.08でクローズとなりました。

 

先週中国政府が発表した、「中国と米国は相互の製品に賦課している関税を段階的に撤回することで合意した」との報道を、トランプ大統領が一蹴し、中国が自身に関税撤回を望んでいるとの認識を示しており、互いに齟齬が生じていることから合意に対する疑念が再燃し、投資家心理を悪化させました。

 

しかしながら、7-9月の決算を発表したウォルト・ディズニーの利益が市場予想を上回り、3.8%高となったことから株価の下値は若干抑えられ、引けにかけてなんとかプラス圏で終える形になりました。

 

アメリカ市場は、通常ならもっと暴落してもおかしくないサプライズ発言だったはずですが、株価の上値こそ重い展開の中市場はそれほどネガティブにとらえていないとも受け取れました、個人的な感覚ですが、年末に向けてさらなる上昇を続ける可能性が高くなった印象です。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

先週末のアメリカ市場の上値の重さが日本株にも波及し、朝方こそプラス圏でのスタートとなりましたが、香港の混乱を受け、ハンセン指数が暴落したことが嫌気され、徐々に利益確定の動きが強くなっていく展開となりました。

 

また、朝方発表の9月の機械受注が市場予想を下回り、設備投資関連など売りがでたことも指数の下げに影響を与えました。

 

後場に入っても、為替が若干の円高に振れていくなど、状況は好転せず、小幅に下げ幅を広げていきましたが、10月からの株価上昇の流れもあり、押し目を拾う展開にも助けられ、下値は限定的だった印象です。

 

逆にTOPIXはプラスで引けたことで、値下がり株より値上がり株の方が多く、アメリカと香港の動きを一旦注視しただけ、と見ることもできたかと思います。

 

そのため、今週は世界情勢に目を向けつつ、お手頃銘柄を物色して積極的に買いに回りたいと思います。

 

それでは本日はこのへんで!!

 

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<8894>(株)REVOLUTION(+48.84%)
2位<8562>(株)福島銀行(+27.57%)
3位<8740>(株)フジトミ(+22.03%)
4位<9867>ソレキア(株)(+21.98%)
5位<3830>(株)ギガプライズ(+21.12%)


☆値下り下位5社

1位<3672>(株)オルトプラス(-16.50%)
2位<3984>(株)ユーザーローカル(-15.59%)
3位<7915>NISSHA(株)(-13.73%)
4位<3798>ULSグループ(株)(-13.68%)
5位<4680>(株)ラウンドワン(-13.49%)

 

朝 8時58分頃の数字回り

円/ドル・・・109.21円(円高
原油・・・57.13(上昇)

米5年債・・・1.7506(上昇)
米10年債・・・1.9451(上昇)
米30年債・・・2.4273(上昇)

 

半導体指数・・・1,736.78(上昇)
ビットコイン・・・986,500円(下落)