2019年 10月30日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

人気アニメ「クレヨンしんちゃん」と人気ドラマ「ドクターX」がコラボすることが話題になっています。

 

内容としては、アニメクレヨンしんちゃんの中に米倉涼子さんが大門未知子役で登場するそうです。

 

注目の放送日は11月9日みたいで、子供の頃依頼みていなかったのですが、久しぶりに見てみようと思います(笑)

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・22,843.12銭(前日比-131.01銭
TOPIX・・・1,665.90(前日比+3.22
JASDAQ・・・3,506.01(前日比-2.79
マザーズ指数・・・870.02(前日比-7.28

 

[本日の動き]

昨日のアメリカ市場はダウが-19.30㌦27,071.42ドル、S&P500指数は-2.53ポイント3,036.89でクローズとなりました。

 

昨日のアメリカ市場は3指数揃って小幅下落となりました。

 

FOMCの内容を注視したい投資家心理と、S&P500は最高値を更新したことからくる利益確定の動きが重なり、アメリカ市場は小幅下落の展開となりました。

 

またその他の要因としては、1株利益が市場予想を下回ったアルファベットが売られたのを機に、このところ上げが続いたハイテク関連銘柄に利確の動きが広がったことが挙げられます。

 

FOMCの結果は本日未明に発表となりますが、仮に利下げをしても、継続的に利下げを行っていくことが示唆されなければ市場にはネガティブに作用する可能性もあります。

そういった意味で投資家の様子見姿勢が強くなっているのでしょう。

 

結果の内容が気になるところです。

 

さて、そんな中本日の日本市場は・・・

 

昨日一時的に23,000円を上回ったことで、FOMCの発表を前に一旦利確しておこうとする動きと、アメリカ市場の軟調な結果が重なり、日本市場は朝から株が売られる展開となりました。

 

しかも、トランプ大統領が太鼓判を押していた米中の部分妥結の署名文書が、来月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)に間に合わない可能性が出てきた、との報道が投資家心理を冷やし、利確の動きをより促す結果となりました。

 

日経平均前場から下げていき、後場に入ると一時前日比-146円ほどにまで下げ幅を広げました。

昨日のアメリカ市場のハイテク関連の下落を受け、このところ好調だった、東京エレクやアドバンテストも売られたことが下げ幅を広げた要因と言えます。

 

後は、明日の朝起きてFOMCの発表内容を見て、その日一日気分がいいか、ムナクソ悪いか決まりそうですが・・・

金管理さえ徹底していれば、調整局面に入っても、また買える余力はあるはずなので、その場合も気を落とさず頑張っていきましょう!!

 

それでは本日はこの辺で!!

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<7230>日信工業(株)(+22.31%)
2位<7274>(株)ショーワ(+22.15%)
3位<4880>セルソース(株)(+21.37%)
4位<7251>(株)ケーヒン(+21.07%)
5位<4557>(株)医学生物学研究所(+18.07%)


☆値下り下位5社

1位<7073>(株)ジェイック(-17.94%)
2位<3858>(株)ユビキタスAIコーポレーション(-14.48%)
3位<4293>(株)セプテーニ・ホールディングス(-14.29%)
4位<3419>アートグリーン(株)(-11.93%)
5位<3974>(株)ティビィシィ・スキヤツト(-11.82%)

 

朝 8時52分頃の数字回り


円/ドル・・・108.869円(円高
原油・・・55.49(下落)


米5年債・・・1.6586(下落)
米10年債・・・1.8367(下落)
米30年債・・・2.3303(下落)

 

半導体指数・・・1,662.46(下落)
ビットコイン・・・1,025,210円(上昇)