2019年 10月28日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

アマゾンプライムビデオで配信されている人気番組「バチェラー シーズン3」の最終回が早くも大炎上の様相を呈しているみたいです。

 

実際に見ている方もおられると思うので、詳細は省きますが、バチェラーの友永さんが番組のルールを破る大胆な行動に出ているみたいです。

 

まあ、MCの指原さんが怒り心頭なのはTVCMからもわかりますが、それはかなりガチのようで、ある意味衝撃のクソ展開になっているそうです。

 

海外でも放送されているバチェラーは結ばれたカップルの大半が破局しているそうで、シーズン1・2のカップルもすでに別れており、逆にそこに登場した女性が芸能界で活躍しているという、ある意味事務所による若手の売り込みの場とかしている気もします。

 

そんな中、シーズン3のバチェラーが結婚までいくのであれば、たとえルールを破っていても、破局した連中よりは視聴者に恩返しをしているとも考えられますね。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・22,867.27銭(前日比+67.46銭
TOPIX・・・1,648.43(前日比-0.01
JASDAQ・・・3,502.61(前日比+23.82
マザーズ指数・・・867.48(前日比+1.80

 

[本日の動き]

先週末のアメリカ市場はダウが152.5326,958.06ドル、S&P500指数は+12.26ポイント3,022.55でクローズとなりました。

 

先週末のアメリカ市場は3指数揃って上昇という結果になりました。

 

今月行われた米中貿易協議の内容について、ライトハイザーUSTR代表およびムニューシン米財務長官が中国の劉鶴副首相と電話協議し部分合意について前進したとの報道が

でたことが好感され、株が買われる動きとなりました。

 

その動きに伴い、キャタピラーや、先週下落した3Mなど中国関連銘柄が買われたり、7月~9月決算が市場予想を上回ったインテルが8%高と大きく買われ、ダウ指数を押し上げました。

 

今週はFOMCや雇用統計の発表もあるので、アメリカ市場は動く可能性ありますが、米中協議がきちんと進展すればもう一段の株高はありえそうですね。

 

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

米中協議の進展や、先週末のアメリカ株高を受けて、朝方から日本株も買われる展開となりました。

特に、インテルの株高を受けて、半導体関連銘柄がかなり盛り上がってきており、東エレクトロンアドバンテストの2銘柄で日経平均を46円ほど押し上げるほどでした。

 

日経平均が23,000円近くになると、節目を意識した利益確定売りや、戻り待ちの売りに押されてしまいなかなか超えられない部分ではありますが、今週の経済指標の発表やイベント結果によっては十分に大台に乗せられる可能性はあるとみています。

(もちろんその結果しだいで調整局面を迎える可能性もありますが・・・)

 

また今週も決算発表が続々でてきますが、一定の悪い内容でも、悪材料出尽くし感からの上昇もありえるため、いつもはポジションを整理したい心理もあるでしょうが、私は全体的に保有していくつもりです。

 

今週もスタートしましたが、いつもの通り資金管理をしっかりして頑張っていきましょう!!

 

[本日のランキング]


☆値上がり上位5社

1位<6166>(株)中村超硬(+29.70%)
2位<6584>三桜工業(株)(+28.57%)
3位<4629>大伸化学(株)(+24.73%)
4位<9399>ビート・ホールディングス・リミテッド(+20.69%)
5位<6336>(株)石井表記(+19.46%)


☆値下り下位5社

1位<2437>Shinwa Wise Holdings(株)(-16.69%)
2位<4875>メディシノバ(-14.61%)
3位<3758>(株)アエリア(-12.41%)
4位<4290>(株)プレステージ・インターナショナル(-10.20%)
5位<9674>花月園観光(株)(-9.58%)

 

朝 8時50分頃の数字回り


円/ドル・・・108.737円(円安)
原油・・・56.72(上昇)


米5年債・・・1.6258(上昇)
米10年債・・・1.7995(上昇)
米30年債・・・2.2891(上昇)

 

半導体指数・・・1,648.67(上昇)
ビットコイン・・・1,036,420円(大幅上昇)