2019年 9月26日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

☆本日のニュース

 

卓球の水谷隼選手に女性問題が持ち上がっているのが話題になっています。

 

あまり卓球選手のこういったスキャンダルは話題にならないのですが・・・

どうやら水谷選手は妻子ある身にもかかわらず、ラウンジに勤務する女性に恋をしてしまい、その女性に迫ってしまったようですね。

 

今は弁護士をたてたりして対応しているようですが、被害者の女性が水谷選手とのやりとりを暴露してしまっており、イメージ低下は免れません。

 

スポーツ選手として素晴らしい考え、感覚の持ち主だけに、事実だとすれば本当に残念です。

やってしまったことは仕方ないので、心を入れ替えてもう一度オリンピックに向けて卓球に専念してもらいたいと願う今日この頃です。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・22,048.24銭(前日比+28.09銭
TOPIX・・・1,623.27(前日比+3.19
JASDAQ・・・3,394.53(前日比+6.09
マザーズ指数・・・886.24(前日比+4.90

 

[本日の動き]

先日のアメリカ市場はダウが+154.81ドル26,970.71ドル、S&P500指数は+18.27ポイント2,984.87でクローズとなりました。

 

きのうのアメリカ市場は、3指数揃って上昇する動きとなりました。

 

一昨日は、トランプ大統領ウクライナへの圧力を巡る疑惑や、国連総会での中国批判などから株価が下落しましたが、トランプ大統領は早々にウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談内容を公開し、疑惑を払拭しました。

 

また、米中協議に関しても早期に妥結できる可能性があると語ったことが(あまり当てにできませんが・・・)株価の上昇につながったものと思われます。

 

またその他の要因としては、きのう発表された8月の米新築住宅販売件数が予想を上回る内容だったことも挙げられます。

 

これの内容から本日のアメリカ市場も堅調に推移する可能性が高いと思われます。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

きのうのアメリカ市場の上昇と、安倍首相とトランプ大統領の間で日米貿易協定が締結されたこともあり、朝方から株価は大きく買われるスタートとなりました。

午前9時2分に、プラス164円76銭高の2万2184円91銭を付ける場面がみられましたが、その後買いは続かず、配当の権利落ち日を意識した利益確定売りが強くなり、上げ幅を縮める結果となりました。

 

後場に入るとさらに、期末の利益を意識した機関投資家たちが利益確定を加速させ、さらに先物にも断続的な売りが入ったことで、一時株価はマイナス圏に沈むタイミングもありましたが、大引けにかけてかろうじてプラス圏に浮上する動きとなりました。

 

なかなか22,000円近辺の株価帯を抜けられませんが、明日は株価がどちらにかに動くのではないか?と予想します。

 

9月は保有株である程度利益を稼げたので、後は空売りしているETFが利益を出してくれれば大勝利ですが、果たしてどうなるのか不安と期待が入り混じる今日この頃です。

 

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<9976>(株)セキチュー(+25.82%)
2位<7577>(株)HAPiNS(+25.13%)
3位<6580>(株)ライトアップ(+20.17%)
4位<5341>アサヒ衛陶(株)(+16.86%)
5位<4243>(株)ニックス(+16.09%)


☆値下り下位5社

1位<9318>アジア開発キャピタル(株)(-14.29%)
2位<1757>クレアホールディングス(株)(-12.50%)
3位<8918>(株)ランド(-12.50%)
4位<9278>ブックオフグループホールディングス(株)(-9.03%)
5位<2338>(株)ビットワングループ(-8.29%)

 

朝 8時50分頃の数字回り

円/ドル・・・107.685円(円安)
原油・・・56.73(下落)

米5年債・・・1.6091(上昇)
米10年債・・・1.7372(上昇)
米30年債・・・2.1877(上昇)

半導体指数・・・1,579.56(上昇)
ビットコイン・・・909,387円(下落)