2019年 9月3日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

大相撲の横綱 白鵬日本国籍を取得したことが話題になっています。

 

二歩国籍の取得により、相撲協会が定める「日本国籍を持つ人間でないと親方になることはできない」という基準をクリアできるため、将来は〇〇親方として相撲部屋を持つことになりそうですね。

 

決して恵まれた体格ではないのに、優勝回数が最多の42回を誇る 白鵬なだけに、技術や精神面がとてつもなく凄いのでしょう、良い弟子を育てられそうですよね。

 

まだ現役を続けられると思いますが、今後の活躍に期待しております。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・20,625.16銭(前日比+4.97銭
TOPIX・・・1,510.79(前日比+5.58
JASDAQ・・・3,298.97(前日比+2.35
マザーズ指数・・・851.09(前日比+5.17

 

[本日の動き]

きのうのアメリカ市場はレイバーデーのため休場でした。

 

そのため米国市場の動きはなかったのですが、イギリスポンドが再び売られはじめているのが気になります。

要因としては、ジョンソン首相EUからの離脱を目指しており、それがEUと諸条件を満たさない「合意なき離脱」でも構わないというスタンス(むしろ合意なき離脱にしたい)に由来しています。

 

イギリス議会が合意なき離脱に賛成できないなら議会を解散すると宣言したことも、投資家心理を不安視させ、ポンドの売りに拍車をかけています。

 

本日のアメリカ市場の動きが明日の日本株に影響を与えそうですが、今のところアメリカ株の時間外取引でダウは200㌦ほど下げているので、あまり上昇は期待できないかもしれません。

中国に対し、関税が発動した直後だけに様子見姿勢から株価は上がりにくい状況にあるのかもしれません。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

中国がアメリカの関税措置をWTOに提訴すると発表するなど、米中会議の進展にに不安な要素が出てしまった影響もあり、寄り付き後日経平均軟調なスタートとなりました。

一時は前日比42円安まで下げ幅を広げましたが、下値は限定的で、円高が一服したこともあり、個人投資家押し目買いも入りやすくなり、その後持ち直しプラス圏に浮上しました。

 

後場に入ると少し下げたりする場面もありましたが、終始プラス圏で推移し、大引け直前に再びまとまった売りが出てしまった印象の一日です。

 

アメリカが休場ということもあり、積極的な売買も控えられ、東証一部の売買代金は1兆3,800億円程度と空前の薄商いでした。

 

最近の日本市場は明らかにエネルギー不足と言いますか、熱量不足な感は否めません。

 

これで10月の消費税の増税などできるのか?そんな不安な日々です。

まあとりあえず9月の中旬くらいまで様子を見て、その後は再びキャッシュポジションを増やしていったほうが無難かもしれません。

 

なかなか大儲けのチャンスがきませんが、気長に頑張りましょう!!

 

それでは本日はこのへんで。

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<6029>アトラ(株)(+27.30%)
2位<7829>(株)サマンサタバサジャパンリミテッド(+20.96%)
3位<6173>(株)アクアライン(+18.98%)
4位<3747>(株)インタートレード(+17.95%)
5位<4243>(株)ニックス(+17.63%)

 

☆値下り下位5社

1位<1694>ETFSニッケル上場投資信託(-15.64%)
2位<3196>(株)ホットランド(-12.09%)
3位<8920>(株)東祥(-8.54%)
4位<7776>(株)セルシード(-8.33%)
5位<3664>(株)モブキャストホールディングス(-7.56%)

 

 

朝 9時00分頃の数字回り


円/ドル・・・106.195円(円安)
原油・・・54.72(下落)

米5年債・・・1.3914(レイバーデーのため変わらず)
米10年債・・・1.4994(レイバーデーのため変わらず)
米30年債・・・1.9633 (レイバーデーのため変わらず)

 

半導体指数・・・1,504.92(レイバーデーのため変わらず)
ビットコイン・・・1,100,911円(上昇)