2019年 8月30日 株式市場の動き まとめ

本日&今週も投資お疲れ様です。


☆本日のニュース

 CBCテレビ(中部日本放送、本社名古屋市)は30日、情報番組「ゴゴスマ」(月~金曜後1・55)で今週火曜日に放送した日韓問題で視聴者に不快な思いをさせたとして謝罪しました。

 

なぜ謝罪するに至ったかというと、中部大学教授の武田邦彦が、韓国で日本人女性が乱暴されたことを受けて、逆に韓国人女性が日本に入ってきたら、日本人男性は乱暴しないといけない、と発言し、これが「ヘイトスピーチである」「犯罪を助長している」と多くの視聴者から批判が出たためです。

 

この武田氏は、以前高齢者ドライバーの事故増加に伴う免許返納問題の話題でも、完全に論点のずれた発言で炎上した過去があります。

 

ここからは完全に推測ですが、この人は他のTV番組に多数出演する中で、自分を芸能人と勘違いし、少しエッジの効いた発言で注目を集めようとしているのではないでしょうか?

それか、専門家・教授の肩書から誰にも注意や指導をされず、完全に天狗になってしまっているのでしょう。

 

TV局もこんな人を二度と使わず、冷静なコメントができる方をきちんと精査し起用して欲しいものです。

 

メディアでの発信は影響力もあり、それに影響を受ける人間もいないとは言えません。

 

私も韓国政府や文大統領の発言・行動には否定的な意見を持っています。

しかし、決して韓国人を差別したり、暴力をふるうなどの行為は認めるつもりはありません。

 

冷静に対応できる日本人が多くいることを期待します。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・20,704.37銭(前日比+243.44銭
TOPIX・・・1,511.86(前日比+21.69
JASDAQ・・・3,294.46(前日比12.36
マザーズ指数・・・841.19(前日比+16.99

 

[本日の動き]

先日のアメリカ市場はダウが+326.15ドル26,362.25ドル、S&P500指数は+36.64ポイント2,924.58でクローズとなりました。

 

きのうの米国市場は、米中が来月に通商協議の再開を検討していると伝わったことを受け、リスク回避の動きが強まり、買い直される展開でナスダック含め3指数揃って続伸となりました。

 

中国サイドが29日、米国との貿易摩擦について「貿易戦争のエスカレートに断固反対、冷静な態度で協議と協力をし問題を解決したい」とコメントし、トランプ米大統領もこれまでと「異なるレベル」で中国と協議を再開すると述べたことから米中対立激化への懸念が和らぎNY株は続伸してスタートしました。

 

その他個別銘柄では、中国向けにも重機を販売しているキャタピラー生産拠点を持っているナイキが買われた他、債券が売られる中で金利が上昇し、金融関連株も揃って上昇する運びとなり指数を押し上げました。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

きのうのアメリカ市場の大幅続伸を受け、昨日は軟調だった日本株は大きく買われる展開となりました。

日経平均一週間ぶりの20,700円台を回復したわけですが、これはきのう日本株地政学リスクにより株価が軟調だったことが、米中貿易の進展期待から投資家心理が一気にプラスに傾いたことが要因として考えられます。

 

また、為替も終始円安に推移し、中国市場も大きく買われたことも株価を下支えしていました。

 

後場に入り、午後1時8分に、同287円42銭高の20,748円35銭と高値をつけた後は、材料不足と9月1日の関税発動後の余波を見極めたい投資家心理もあり、伸び悩みましたが、東証1部の売買代金は概算で2兆215億円と13営業日ぶりに節目の2兆円を上回り、不動産業以外のセクターが値上がりする一日となりました。

 

話は少し変わりますが、米中ビジネス評議会(USCBC)が29日公表した調査で、中国に進出する米企業の81%が激化する米中貿易摩擦の悪影響を受けていると考えていることが明らかとなりました。

この調査は前年にも行われており、前年から8%上昇し、貿易を巡る米中の対立が米企業の業績に影を落としていることが浮き彫りとなっています。

 

以前から記載しておりますが、今の米中貿易戦争は大統領選を控えるトランプ大統領のほうが不利という見方ができます。

今回の交渉再開がどのような結果を生むかは断言できませんが、そろそろ何か進展を見せてくれるのでは?と期待しています。

 

頼むでトランプちゃん!!

 

ではよい週末をお過ごしください!!

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<4239>ボラテクノ(+20.92%)
2位<4421>DIシステム(+20.86%)
3位<3747>インタートレード(+20.15%)
4位<9419>ワイヤレスゲート(+19.79%)
5位<7776>セルシード(+17.09%)

 

☆値下り下位5社

1位<4243>ニックス(-14.37%)
2位<8918>ランド(-14.29%)
3位<7169>ニュートンFC(-10.46%)
4位<1567>MXSリスク5(-9.52%)
5位<4666>パーク24(-8.71%)

 

朝 9時00分頃の数字回り

円/ドル・・・106.460円(円安)
原油・・・56.55(上昇)


米5年債・・・1.3963(上昇)
米10年債・・・1.4962(上昇)
米30年債・・・1.9620 (上昇)

 

半導体指数・・・1,495.83(上昇)
ビットコイン・・・1,009,121円(下落)