2019年8月26日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。


☆本日のニュース

 

韓国ソウルの街で韓国人男性が日本人女性に暴行を加えた動画が拡散され、話題になっています。

 

ことの発端は、韓国人男性が日本人女性に声をかけたところ、日本人女性が相手にしなかったところ、男が暴言を吐き、暴行したとのことです。

 

おそらく女性にナンパ目的で近づいたのでしょう、女性側がもしかしたら男性にきついことを言ったのかもしれません。

しかし、そこから暴力をふるうことは許されません。人間のクズですね。

 

この男性に関しては、韓国国民からも「恥」だと非難の声が上がっており、動画も拡散していることから、二度とナンパはできないでしょう(笑)

 

何かいら立つことがあっても、暴力をふるってしまえば、負けになることが多い、そんな事例ですね。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・20,261.04銭(前日比-449.87銭
TOPIX・・・1,478.03(前日比-24.22
JASDAQ・・・3,308.95(前日比-22.97
マザーズ指数・・・864.63(前日比-14.94

 

[本日の動き]

先日のアメリカ市場はダウが-623.34ドル25,628.90ドル、S&P500指数は-75.84ポイント2,847.11でクローズとなりました。

 

先週、ワイオミング州で開かれた国債経済シンポジウム(ジャクソンホール)でFRBのパウエル議長の講演では、経済の不確実性が高まっていることから9月以降に利下げを示唆する内容が明らかとなり米国市場には安心感が広がっていました。

 

しかし、同日中国が米国から輸入する750億ドル相当の製品に対し5~10%の追加関税
課す対米報復関税を発動すると発表したことに、トランプ大統領ツイッターですぐに応戦し、さらなる追加関税を課すこと発表し市場は再び貿易戦争激化の懸念からダウは一時700ドル以上下落する大荒れの相場となりました。

 

為替も大きく円高に振れ、一時104円台に突入するなど大きな影響がありました。

 

さて、そんな中本日の日本市場は・・・

 

先週のアメリカ市場の急落を受けて、日本市場も朝方から大きく売られる展開となりました。

寄り付き前の日本株先物は500円以上の下げを記録しており、アメリカ株先物も200㌦以上値下がりしており、投資家心理が不安しされていることが伺える状況でした。

 

午前9時3分には、同537円15銭安2万173円76銭の安値をつけましたが、そこからは為替が少し円安方向に移動したことと、アメリカ株先物が買われ始めたこともあり、下げ幅を縮小する場面もありました。

 

しかし、手控えムードの中積極的な買いは見られず、後場に入ると戻り待ちの売りが再び優勢となる場面もあり、一日を通して株価は軟調なまま推移したと言えます。

 

日経平均20261円で引けましたが、おそらくこのラインが今後の下値となってくる可能性が高いと思われます。

理由としては、20300円日経平均PBRは1倍水準と言えるからです。

 

以前もこのラインで株価は下げ止まりを見せたことから、20300円付近で勇気を持って買いを入れれば勝てる可能性もありますね・・・

 

トランプ大統領の気分で大きく動く世界情勢ですが、逆にボラティリティが高いので利益をとれる人には最高の環境とも言えるのでしょう、自分もそちら側にいきたいですね・・・

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<4241>(株)アテクト(+21.47%)
2位<6776>天昇電気工業(株)(+16.91%)
3位<9941>太洋物産(株)(+16.18%)
4位<3667>(株)enish(+13.69%)
5位<1552>国際のETF VIX短期先物指数(+11.42%)

 

☆値下り下位5社

1位<3965>(株)キャピタル・アセット・プランニング(-12.73%)
2位<6090>ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(株)(-10.26%)
3位<4707>(株)キタック(-9.87%)
4位<4240>クラスターテクノロジー(株)(-8.73%)
5位<3260>(株)エスポア(-8.64%

 

朝 8時50分頃の数字回り

円/ドル・・・104.898円(円高
原油・・・53.15(下落)

米5年債・・・1.4141(下落)
米10年債・・・1.5334(下落)
米30年債・・・2.0272 (下落)

 

半導体指数・・・1,446.38(下落)
ビットコイン・・・1,059,788円(下落)