2019年 8月21日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

日本テレビで火曜深夜に放送されている「AKBINGO」が9月いっぱいをもって終了するとのニュースが入ってきました。

 

実は隠れた長寿番組で、なんと11年も続いているそうです。

昔は初期のAKB48のメンバーが体をはった企画などを行い、AKB48を人気グループに押し上げる一つの要因にもなったコンテンツでした。

 

しかし、AKB48も当時の主要メンバーもほとんどが卒業し、その人気にも陰りがでていますし、最近は「乃木坂」や「欅坂」のメンバーのほうが人気があるようにも感じます。

 

おニャン子クラブモーニング娘などもそうですが、アイドルには必ずその人気が衰える瞬間がきます、私も若い頃見ていた番組なので、少し寂しいですが、とりあえず製作陣にはお疲れ様です、と言いたいですね。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・20,618.57銭(前日比-58.65銭
TOPIX・・・1,497.51(前日比-9.26
JASDAQ・・・3,343.13(前日比-11.10
マザーズ指数・・・882.46(前日比+0.83

 

[本日の動き]

先日のアメリカ市場はダウが-173.35ドルの25,962.44ドル、S&P500指数は-23.14ポイント2,900.51でクローズとなりました。

 

昨日のアメリカ市場は材料不足の中、市場関係者は23日に行われるFRBのパウエル議長の講演に意識が向かっており、積極的に買いにいく投資家は少なく株価は上がりにくい地合いでした。

その影響もあり、一部の投資家の間で、ここ数日で上昇した分の利益確定の動きが重なり、アメリカ市場は3指数とも下げる動きとなりました。

 

また、その他の要因としては、イタリアで内閣不信任案を受けて首相が辞任し連立政権が崩壊、イタリアの政局混迷への懸念から欧州株が下落した流れをアメリカ市場も受けてしまった部分もあります。

 

そんな中、本日の日本市場は・・・

 

値下がりしたアメリカ市場の流れを受け、日本市場も開始直後から売られる展開となりました。

 

投資家心理の悪化から、日経平均先物にまとまった売りが出てしまい、日経平均は早々に前日比-200円ほど値下がりとなり、厳しいスタートとなりました。

 

やはり、イタリアの政局不安の影響は大きかったと言えます。

 

しかし、ドイツでの政府主導での金融政策や、EUの金融緩和の期待も根強く、為替も円安方向に動いたことから下値は限定的で前引け~大引けにかけて株価が買い戻される動きもあり、下げ幅は大きく縮小されました。

 

ただ東証一部の売買代金は連日の1兆5,000億円台と薄商いの状態が続いており、海外投資家たちの目が現在日本市場に向いていないことを伺わせます。

 

この海外マネーが日本株に再び向くには、米中貿易戦争の解決による、貿易額の復活が不可欠です。

 

いつも期待を裏切るトランプ大統領ですが、大統領選挙に向けて早く「中国は世界最高の友好国だ!!」くらいの手のひら返しを見せてほしいものですね・・・

 

 

[本日のランキング]


☆値上がり上位5社

1位<7719>(株)東京衡機(+21.29%)
2位<2303>(株)ドーン(+20.82%)
3位<4393>(株)バンク・オブ・イノベーション(+20.51%)
4位<6195>(株)ホープ(+18.04%)
5位<3989>シェアリングテクノロジー(株)(+17.98%)

☆値下り下位5社

1位<6619>ダブル・スコープ(株)(-17.22%)
2位<1431>(株)LibWork(-13.62%)
3位<9976>(株)セキチュー(-8.81%)
4位<4718>(株)早稲田アカデミー(-7.83%)
5位<6199>(株)セラク(-7.43%)

 

朝 8時45分頃の数字回り


円/ドル・・・106.255円(円高
原油・・・56.16(上昇)

米5年債・・・1.4280(下落)
米10年債・・・1.5521(下落)
米30年債・・・2.0361(下落)

半導体指数・・・1,498.90(下落)
ビットコイン・・・1,141,609円(下落)