2019年 7月12日 株式市場の動き まとめ

本日&今週も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

コナミデジタルエンタテインメントは、昔懐かし「PCエンジン」を「PCエンジンmini」として復刻させることを発表し話題になっています。

 

売日は2020年3月19日で、全50タイトル収録。価格は1万500円(税別)になるようです。

 

ときメモ」や「桃太郎電鉄」「ボンバーマン」など名作をしっかり押さえてあり、昔子供の時にゲームに熱中した世代にはたまらない品ぞろえになるのではないでしょうか?

また、私が実際にプレイして、子供ながらに記憶に刻まれた「超兄貴」も収録されるようで、(一部の人に・・・)話題になることは間違いないでしょう。

 

7月15日よりAMZONで予約受付が始まるそうなので、興味のある方は是非!!

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・21,685.90銭(前日比+42.37銭
TOPIX・・・1,576.31(前日比-2.32
JASDAQ・・・3,449.95(前日比-10.58
マザーズ指数・・・897.30(前日比-20.04

 

[本日の動き]

 

昨日のアメリカ市場はダウが+227.88ドルの27088ドル、S&P500指数は+6.84ポイントの2999でクローズとなりました。

 

きのうの米国市場は、ダウが277ドル高となり、終値ベースで史上最高値を更新する展開となりました。

 

議会証言においてパウエル議長の発言を受けて、FRBが利下げを行う用意があることが改めて意識され、株価の追い風となりました。

 

そんな中本日の日本市場は、寄り付き後は、アメリカのダウ最高値更新や若干の円安を受けて、小幅に上昇するスタートになりました。

 

しかし、昨日に決算を発表したファストリが好決算だったにもかかわらず、決算後の投資家心理が売りに傾いたことから売られ、また安川電機も売られたため関連銘柄にも重しとして働き、日経平均軟調に推移する展開となりました。

 

しかし、その後中国市場の先物指数が堅調に推移したことと、なによりファストリ株が急激なV字回復を見せたことで、日経平均は徐々に上昇し、一気にプラス圏に浮上してきました。

 

ファストリの動きは予想外でしたが、安値66,860円から高値69,900円と値幅は3,000円以上となり、底値で買い高値で売れば100株で一気に30万円の利益がとれる計算になることには驚きです。

日記平均への寄与も莫大で、ファストリだけで実に70円ほどの株価押し上げになっています。

 

一流のデイトレーダーはこういう動きを逃さないのでしょう。

私は買いのボタンをポチれなかったです・・・

 

話は少しかわりますが、ここ最近東証一部の売買代金がずっと2兆円を割れています。

本日は3連休前の様子見姿勢とみることもできますが、ここ最近の株価の動きも小さいものが大きく、個人的には煮詰まってきた感じを受けます。

 

市場関係者も「いずれどちらかに大きく動くのでは?」と考える人もいるようで、私としては今買いに入るのは問題ないと考えていますが、一応用心のため逆指値注文をいれて損切設定をしておいたほうがよい気がします。

 

それでは良い週末を!!

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<3967>(株)エルテス(+25.03%)
2位<6190>(株)フェニックスバイオ(+18.49%)
3位<6835>アライドテレシスホールディングス(株)(+16.87%)
4位<2337>いちご(株)(+13.81%)
5位<6942>(株)ソフィアホールディングス(+12.70%)

 

☆値下り下位5社

1位<32509>(株)エー・ディー・ワークス第20回新株予約権(-33.33%)
2位<4572>カルナバイオサイエンス(株)(-22.26%)
3位<4397>(株)チームスピリット(-19.46%)
4位<3825>(株)リミックスポイント(-18.60%)
5位<6578>(株)エヌリンクス(-17.91%)


朝 8時50分頃の数字回り

円/ドル・・・108.536円(円安)
原油・・・60.42(下落)  
米10年債・・・2.135(上昇)
半導体指数・・・1,476.28(上昇)
ビットコイン・・・1,230,886円(下落)