2019年 7月9日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

ZOZOの前澤社長の豪邸建設に対し、近隣住民からクレームがおこっていることがニュースになっています。

 

前澤氏と言えば、123億円でバスキアの絵画を購入したり、月に行くと発表したり、ジェット機を購入したりと、「お金」の話題がついてまわる人物です。

 

そんな前澤氏が、千葉県の閑静な高級住宅街に新居の建設をしているのですが、その総工費は100億円とも言われる超豪邸との噂です。

 

しかし、驚くべきはその建設期間ですが、なんと5年たった今でも完成していないそうで、近隣住民から、ずっと工事をしていることに対して騒音などが続く現状に対しクレームが出てきているそうです。

 

ZOZOの株価は、6月頭につけた安値から徐々に回復はしていますが、一番高い時期に比べれば半値以下になっています。

 

株主や、ZOZOから商品を買う消費者がいて初めて会社は成り立ちますので、こういったクレームが出てくることはマイナスでしかありません。

 

しっかりと誠意ある対応をして、近隣の方と良い関係を築いてほしいものです。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・21,565.15銭(前日比+30.80銭
TOPIX・・・1,574.89(前日比-3.51
JASDAQ・・・3,450.84(前日比-3.76
マザーズ指数・・・911.77(前日比-4.27

 

[本日の動き]

昨日のアメリカ市場はダウが-115.98ドルの26806ドル、S&P500指数は-14.47ポイントの2975でクローズとなりました。

 

昨日のアメリカ市場は3指数とも下落する展開となりました。

 

理由としましては、雇用統計の良好な結果が逆に利下げの0.5%引き下げという市場予想を後退させてしまったことで、景気刺激には力不足感が意識されたこと。

 

もう一つは、アップルが一部で投資判断が「売り」に引き下げられ、慎重な見方が増えていることが材料となり▲2%超の下落、またサウジアラビアの格安航空会社フライアディールが2021年から欧州の航空機大手エアバスの旅客機A320の30機納入を受けると発表したことで、アメリカのボーイング社も下落となり、ダウ指数を押し下げる展開
となりました。

 

さて本日の日本市場は、寄り付き後、株価は円安効果に後押しされ買いが先行する展開となりました。

日記平均は一時、前日比+152円まで上昇しましたが、その後は、戻り待ちの売りに押され、徐々に上げ幅を縮小させました。

 

また、明日10日が上場投資信託ETF)の分配金捻出に伴い現物株や先物に売りが出るとの観測があり、株価の重荷になりました。

 

また揉めている日韓の貿易問題ですが、ようやく文大統領が協議に向けて前向きな発言をしましたが、未だ出口は見えません。

 

日本政府はフッ化ポリイミド、フォトレジスト、フッ化水素エッチングガス)の3つを輸出の優遇措置から外していますが、この関連銘柄は今後業績の下方修正を出す可能性もあるため注意が必要です。

 

特にフォトレジスト関連のJSR、東京応化工業、信越化学工業住友化学富士フイルムの5社の世界シェアは9割にものぼり、韓国への輸出割合もそれなりに高いと推測できます。(すみません、割合はわかりませんでした)

 

その他の銘柄に関しては、安くなったタイミングで仕込めれば、利益があがるものもあるはずなので、個人的にはしばらく、株の仕込みに回ろうと考えています。

 

ただし、スケベ心は厳禁です。利益がでたら利食いをきちんとしていきましょう。

いつ下げがくるかはわからないので・・・

 

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<7527>(株)システムソフト(+31.58%)
2位<6543>(株)日宣(+21.82%)
3位<4764>SAMURAI&J PARTNERS(株)(+17.47%)
4位<3624>アクセルマーク(株)(+15.82%)
5位<6618>(株)大泉製作所(+14.09%)

 

☆値下り下位5社

1位<1430>ファーストコーポレーション(株)(-14.57%)
2位<3236>(株)プロパスト(-14.21%)
3位<3409>北日本紡績(株)(-14.03%)
4位<7612>(株)Nuts(-13.74%)
5位<2976>日本グランデ(株)(-12.56%)


朝 8時50分頃の数字回り


円/ドル・・・108.721円(円安)
原油・・・57.45(下落)  
米10年債・・・2.041(ほぼ変動なし)
半導体指数・・・1,450.41(下落)
ビットコイン・・・1,335,017円(上昇)