2019年 7月2日 株式市場の動きまとめ

本日も投資お疲れ様です。

☆本日のニュース

 

元人気アイドルグループ「東方神起」で現在「JYJ」というグループに所属している、パク・ユチョン被告(33)が覚せい剤の使用で有罪判決を受けたとのニュースがでております。

 

韓国芸能界・日本芸能界、いずれも覚せい剤の使用による逮捕者が後を絶ちませんね。

 

本来なら、影響力のある芸能人は麻薬・ドラッグの撲滅や使用をやめるようにPRする立場にあるはずなのに、自らが使用して逮捕されるという、本当にバカすぎる人間が多いのが残念です。

 

使用したことによる刑罰だけでなく、若者やファンに少なからず麻薬やドラッグの使用を連想させてしまう影響力のある人物には、プラスアルファの刑罰を加えていく必要があるのではないでしょうか?

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・21,754.27銭(前日比+24.30銭
TOPIX・・・1,589.84(前日比+4.90
JASDAQ・・・3,445.54(前日比+10.50
マザーズ指数・・・921.52(前日比+12.00

 

[本日の動き]


昨日のアメリカ市場はダウが+117.47ドルの26717ドル、S&P500指数は+22.57ポイントの2964でクローズとなりました。

 

昨日のアメリカ市場はG20の結果によるアジア株の上昇・ファーウェイ問題の一部解決・北朝鮮リスクの後退を受け、一時ダウは290㌦ほどの上昇を見せました。

 

ただ、ISM製造業景気指数が予想値の51.0よりも高い、51.7ポイントという結果になったことで、7月の利下げ期待が後退し、米国株の上げ幅を縮小させる動きになりました。

 

本日の日本市場は、昨日令和市場最大の上げ幅を記録した反動で、株価はさえない動きとなりました。

 

マイナス圏時は前日比30円安程度、プラス圏時でも50円高ほどと、その値幅は80円程度と非常に小さい値動きとなっており、G20後のポジティブな動きから売り込まれることもなく、また値が上がれば利益確定売りに押されるという動きになったと思われます。

 

先日も記載しましたが、G20があり、一度貿易問題によるリスクは後退しましたが、本日早朝にも、「米通商代表部(USTR)は1日、欧州連合EU)に対する追加関税のリストを発表した」という報道も出ており、貿易問題が終結に向かっているわけではありません。

また、日本も韓国への半導体製造に欠かせない素材の輸出規制を強化するなど、韓国との関係が悪い方向に進んでおります。

 

とりあえず、私は株価は1~2週間は安定すると思いますので、その間に仕込む→利確を繰り返していく戦略をとるつもりです。

なぜなら、いつ様々な問題が復活するかわからないからです。ご注意を。

 

最後に・・・

少し話はそれますが、貿易問題や地政学問題を引き起こしている、アメリカ・中国・韓国・北朝鮮などは自国の政権の安定的な運営を第一に考えてしまっているので、本当に世界経済の成長に邪魔な存在になっています。

これらの国のトップが早く変わり、世界の安定のために、自国が何ができるのかを考えられる人が政権を運営して欲しいと思います。

 

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<6666>リバーエレテック(株)(+27.44%)
2位<2976>日本グランデ(株)(+22.12%)
3位<3624>アクセルマーク(株)(+17.87%)
4位<6070>キャリアリンク(株)(+17.17%)
5位<6176>(株)ブランジスタ(+16.15%)


☆値下り下位5社

1位<3823>(株)アクロディア(-13.10%)
2位<3825>(株)リミックスポイント(-8.77%)
3位<2338>(株)ビットワングループ(-7.40%)
4位<3843>フリービット(株)(-6.98%)
5位<2164>(株)地域新聞社(-6.21%)



朝 8時50分頃の数字回り


円/ドル・・・108.376円(ほぼ変わらず)
原油・・・58.72(下落)  
米10年債・・・2.018(上昇)
半導体指数・・・1,497.55(上昇)
ビットコイン・・・1,154,010円(下落)