2019年 6月24日 株式市場の動き まとめ

本日も一日投資お疲れ様です。

 

カラテカの入江さんが、詐欺集団グループの結婚式&忘年会に、吉本興業の宮迫さんや田村亮さんなどの出席を仲介し、大きな問題になった件に続報が出ております。

 

すでに入江さんは吉本を解雇されましたが、この会に出席した宮迫さんら11人に対し、吉本興業は金銭の授受があったとして、謹慎処分を言い渡しました。

 

当初は出席はしたが、お金はもらっていない・・・という話でしたが、複数回にわたるヒアリング調査で、お金をもらう所謂「闇営業」の実態が明らかになったようです。

 

個人的な感想としては、反社会勢力の主催する会に参加させた入江さんの責任が一番重いと考えています。

次に、11人の中ですでに稼ぎのある宮迫さんらが本当に闇営業でお金を受け取ったなら、責任は免れません。余談ですが、これは脱税にもあたるかもしれません。

 

ただ、吉本興業の若手芸人は、吉本からの給料では食べていけず、バイトもしながら、少ない時間でネタを考える日々を送っています。

 

もし、まともな会社組織からの依頼で営業しても、正当な仕事として扱われ、雀の涙ほどの給料しか入らないなら、闇営業に手を染めることを考える心理も理解できます。

 

すなわち、吉本興業の管理の甘さ、給与形態の曖昧さも闇営業の大きな原因になっているはずです。

謹慎処分事態が重いか、軽いかは個人的にどうでもよいですが、吉本興業の組織運営にも問題があり、悪習を改善するようにしないと公平ではないな・・・と思いました。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・21,285.99銭(前日比+27.35銭
TOPIX・・・1,547.74(前日比+1.84
JASDAQ・・・3,390.71(前日比+3.46
マザーズ指数・・・893.39(前日比+2.55

 

[本日の動き]

昨日のアメリカ市場はダウが-34.04ドルの26719ドル、S&P500指数は-3.72ポイントの2950でクローズとなりました。

先週末の米国市場はナスダック含めて3指数揃って5日ぶりに反落となりました。

 

先週FRBによる将来の利下げへの期待から米国株は4日属氏となっていましたが、G20を今月末に控えて、様子見ムードが広がり利益確定売りに押される週末となりました。

 

6月の米国製造業PMIは50.1と前月から▲0.4ポイント低下し、2009年9月以来の低水準となったことも嫌気され、マーケットの重しとなりました。

 

さて、本日の日本市場は、先週のアメリカ市場が小幅に下落したことを受け、朝方から売りが先行する形となりました。

 

また、例の如くトランプ大統領ツイッターで「イランに対し追加の制裁を科す」と発言したことで、下げ幅が広がり、一時日経平均は前週比73円安まで落ち込みました。

 

しかし、アメリ先物指数が安定してプラスで動いてくると、日経平均も上昇し始め、

後場の早い段階でプラスで動く安定した動きとなりました。

 

このアメリ先物指数の上昇には、24日に、中国の王受文商務次官が、通商協議で譲歩に前向きな姿勢を示す可能性があるとの報道が働いているためと思われます。

 

ただ、東証一部の売買代金は1兆4115億円と今年最低水準にあり、G20が終わるまで明確な方向性が見えず、投資家の買い気が出てこない週になりそうです。

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<6628>オンキヨー(株)(+39.62%)
2位<8518>日本アジア投資(株)(+27.62%)
3位<6563>(株)みらいワークス(+20.96%)
4位<7895>中央化学(株)(+20.0%)
5位<4657>(株)環境管理センター(+19.87%)


☆値下り下位5社

1位<1724>シンクレイヤ(株)(-23.75%)
2位<6664>(株)オプトエレクトロニクス(-15.84%)
3位<1694>ETFS ニッケル上場投資信託(-12.84%)
4位<4800>オリコン(株)(-12.78%)
5位<7066>(株)ピアズ(-11.43%)

 

朝 8時50分頃の数字回り

 

円/ドル・・・107.369円(ほぼ変わらず)
原油・・・57.86(上昇)  
米10年債・・・2.060(上昇)
半導体指数・・・1,410.50(下落)
ビットコイン・・・1,162,000円(上昇)