2019年 6月6日 株式市場 前場の動き まとめ

前場の取引お疲れ様です。

 

くら寿司が新卒採用で入社する人材に年収1,000万円出すことが話題になっています。

 

もちろんすべての新卒に当てはまる条件ではなく、一部の幹部候補生のみの案件のようです。

 

幹部候補生の条件は①26歳以下②TOEIC800点以上③簿記3級以上で、年収は1,000万ですが、給与形態は年俸制で結果によって次の年の年収が下がる場合もあるとのことです。

 

くら寿司としては、今後海外に積極的に進出する考えをもっており、優秀な人材を確保することを第一に考えているみたいですね。

 

私は募集条件を一つも満たしていないので(笑)応募できませんが、自分の能力一つで多くの給料を得られるチャンスがあるというのは、非常に興味深いです。

 

日経平均・・・20,832.46銭(前日比+56.36銭
TOPIX・・・1,530.59(前日比+0.51
JASDAQ・・・3,342.70(前日比+10.13
マザーズ指数・・・896.48(前日比+2.96

 

きのうの米国市場はダウが+207ドルの25539ドル、S&P500指数は+22.8ポイントの2826でクローズとなりました。

 

前日のFRBパウエル議長の「景気を注視して適切に対処する」との発言で、利下げ観測が高まり、株価が大きく上昇したことで、地合いが良くなり昨日のアメリカ市場は続伸しました。

 

昨日発表されたADP雇用統計は、18万人予想に対し2.7万人と、予想よりかなり少ない結果だったにも関わらず、市場は大きく反応しませんでした。

 

これはおそらく利下げによりアメリカ経済が良くなるだろう、との楽観的見方のほうが強かったからだと思われますが、逆に言えば、もしFRBが利下げせず、来月頭の雇用統計の結果が悪ければ、一気に状況が悪化する可能性もあります。

 

個人的にはまだまだ楽観できる状況ではないと思います。

 

さて、日本市場は朝方はやや売り圧力が強かったですが、アメリカの地合いの強さが好感され、時間外取引アメリカ市場がプラス圏推移していることもあり、海外投資家が日本株を買い入れているため、プラス圏に浮上する結果となりました。

 

しかしながら、東証一部の取引金額は8,814億円と非常に少なく、まだまだ様子見姿勢が崩れていないことも容易にみてとれます。

 

本日は、大きな上げ要因も下げ要因もなく、日経平均はプラス10円~60円あたりを推移するのではないでしょうか?

 

朝 8時58分頃の数字回り


円/ドル・・・108.315円(円安)
原油・・・51.57(下落)   
米10年債・・・2.125(下落)
半導体指数・・・1,345.15(下落)
ビットコイン・・・844,995円(上昇)