2019年 5月15日 株式市場 前場の動き

前場の取引お疲れ様です。

 

日本維新の会丸山穂高氏の北方領土発言が物議を醸していますね。

 

確かに、北方領土は敗戦後ロシアに実行支配されているという歴史があるみたいなので、なかなか進まない交渉にいら立ちを覚えることは理解できなくもないですが・・・

 

しかし、「戦争してでも」の言葉、考え方は容認できませんね。

 

この人が一般人ならまだしも、公人であり、政治家の言葉は国の言葉と捉えられる可能性もあります。

 

最近の政治家のバカな発言にはうんざりします。

会社員のコンプライアンス研修のような、発言や考え方をきちんと学ぶ機会をもっと作る必要があるのではないでしょうか?

 

日経平均・・・21,051.24銭(前日比-15.99銭
TOPIX・・・1,534.51(前日比-0.47
JASDAQ・・・3,363.65(前日比-2.55
マザーズ指数・・・874.93(前日比+2.22

 

きのうの米国市場はダウが+207ドルの25532ドル、S&P500指数は+22.5ポイントの2834でクローズとなりました。

 

トランプ大統領が中国との貿易協議に再び?前向きな姿勢を示したことで、市場には安心感が広がり、中国関連の事業を展開する、ボーイングキャタピラー株が買われ、ダウ指数を押し上げました。

 

しかし、ここ数日のトランプ氏の発言はこの人の人格や記憶になんらかの障害があるのでは?と疑うほどコロコロ変わるので、未だ安心はできない状態といえるでしょう。

 

そんな、状況を鑑みてか日本市場はマイナス圏での展開が目立ちました。

 

一応、何度かプラス圏に浮上するタイミングもありましたが、そのたび、ここ数日の下げで苦しんでいる投資家から戻り待ちの売りが出てしまい、結果として上値が重い展開となっている印象です。

 

現在アメリカの先物指数がプラス圏で推移しているので後場にはプラス圏で推移する可能性もありますが、材料不足と米中協議に先が見えないため、大きな上昇にはつながらないでしょう・・・

 

しばらく薄商いが続く可能性大ですね。

 

朝8時52分頃の数字回り

 

円/ドル・・・109.666円(円安)

原油・・・61.28(上昇)

米10年債・・・2.412(上昇)

半導体指数・・・1,442.83(上昇)

ビットコイン・・・879,992円(上昇)