2019年 5月9日 株式市場 後場の動き

本日も投資お疲れ様です。

 

「やらかした・・・」

 

2回目の独白ですが、前場で26,000円のマイナスだったキーエンスデイトレですが、後場に入っても下がり続け、最終50,000円のマイナスで損切しました。

 

入るタイミングを間違えました、BBが下向きの時にインしたのが敗因かと思います。

 

絶対に取り返す!!!!!


[指標(大引け)]
日経平均・・・21,402.13銭(前日比-200.46銭
TOPIX・・・1,550.71(前日比-21.62
JASDAQ・・・3,415.06(前日比-31.23
マザーズ指数・・・914.59(前日比-26.13

 

[後場の動き]

後場に入ると売り一辺倒の流れに一服感がみられ、先物指数に買いが入ったこともあり下げ幅は縮小されました。

 

しかし、明日の決算発表のピークを見極めたい投資家心理もあり、積極的に押し目を拾う展開とはならず、戻り幅は限定的でした。

 

やはり本日からの米中会議の結果が悪い方向にいった際のヘッジの動きが強いので明日も軟調な展開になると思われます。

 

唯一可能性のあるのは昨日のアメリカ株が軟調だった要因は米中貿易問題ではなく、インテルの下げが嫌気やれたため、ということです。

 

これは一つの可能性ですが・・・

トランプ大統領はいつも相手に無理目の要望を伝え、そこから落としどころを探る交渉を行うため、アメリカ市場としては米中会議がまとまることを期待している節があります。

 

そうなれば、この3日間で約900円ほど落ちた日経平均も回復の可能性は大きくなりますので、そのタイミングが絶好の仕込み場になると思われます。

 

個人的には金曜日or月曜日に動きがあり、本日のデイトレの負けを取り戻したいです。


[本日のランキング]

 

☆値上がり上位5社

1位<7268>(株)タツミ(+24.17%)
2位<3630>(株)電算システム(+22.12%)
3位<4657>(株)環境管理センター(+20.0%)
4位<4312>サイバネットシステム(株)(+18.83%)
5位<1722>ミサワホーム(株)(+18.73%)

 

☆値下り下位5社

1位<6346>キクカワエンタープライズ(株)(-21.31%)
2位<5481>山陽特殊製鋼(株)(-19.71%)
3位<2453>ジャパンベストレスキューシステム(株)(-18.39%)
4位<6029>アトラ(株)(-18.06%)
5位<6222>(株)島精機製作所(-17.02%)

 

業種別 上位5
1位 情報・通信業(+0.46%)
2位 その他金融業(+0.29%)
3位 石油・石炭製品(-0.48%)
4位 不動産業(-0.52%)
5位 保険業(-0.66%)

 

業種別 下位5
1位 水産・農林業(-3.52%)
2位 電気・ガス業(-3.18%)
3位 海運業(-3.01%)
4位 建設業(-2.90%)
5位 パルプ・紙(-2.77%)