2019年 4月16日 株式市場 前場の動き

前場の取引お疲れ様です。

パリのノートルダム大聖堂の火災は衝撃的でした・・・

文化遺産が消失する様子は見ていてとても辛いですね、一日も早い再建を願います。

 


日経平均・・・22,208.22銭(前日比+39.11銭)
TOPIX・・・1,626.53(前日比-1.40
JASDAQ・・・3,461.50(前日比+2.08
マザーズ指数・・・934.48(前日比-0.32

 

昨日のアメリカ株式市場の動きとしては、決算を発表したゴールドマン・サックスシティグループのさえない決算が投資意欲を抑え、金融株が下げを主導しナスダック含め3指数そろって小幅反落する展開となりました。

 

しかし、逆にニューヨーク連銀製造業景気指数は10.1と市場予想の6.7を大きく上回り、前月の3.7からも伸びました。

この指数は米国株と相関性があるとみられているため、アメリカの経済は上向いていることが示される結果となり、一定の安心感につながっていると思われます。

 

日本株は昨日大幅高で22,000円を超えた反動と米国株の小幅な下落、そして日米貿易協定の不透明さから、寄り付きはマイナスでスタートしました。

しかし、一巡後は、悪材料出尽くし感から通信株が買われたのと、連日ファーストリテイリングが高値を更新しているため、プラス圏に浮上してきております。

 

それでも本日は上値が重い展開が予想されますが、押し目狙いの買いは少し入れていってもよいかもしれません。

 

本日8時56分頃の数字回り

 

円/ドル・・・111.944

原油・・・63.49

米10年債・・・2.555