2019年 4月3日 株式市場 前場の動き

前場の取引お疲れさまでした。

本日12時半よりセンバツ決勝ですね。

取引をしながら試合を観戦したいと思います、余裕があればですが・・・

 

日経平均・・・21,669.78銭(前日比+164.47銭)
TOPIX・・・1,618.70(前日比+7.01)
JASDAQ・・・3,432.57(前日比+8.91)
マザーズ指数・・・919.23(前日比+10.54)

 

ドラッグストアチェーン大手のウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが朝方発表した四半期決算では売上高や利益が市場予想を下回り、通期の利益見通しも大幅に下方修正したことから急落し、ダウ指数の重しとなりました。

一方、ハイテク株で構成するNASDAQは昨年10月以来の高値を更新したことで、本日は日本でもハイテク株関連が買われる展開となっております。

 

寄り付き当初は軟調な展開が続き、一時はマイナス圏に入る展開もありましたが、イギリスフィナンシャルタイムズが米中閣僚級会議で合意が間近であると報じると一転、先物指数などに買いが入り、日経平均は急上昇しております。

 

その後中国の財新非製造業購買担当者景気指数(PMI)が54.4と高水準であったことが伝わると一時上げ幅は200円ほどまで上昇しました。

 

また3月の既存店売上高が伸びたファストリも上昇、日経平均の上昇に寄与しました。

 

朝8時49分頃数字回り

円/ドル・・・111.310(円高

原油・・・62.50(前日比上昇)→最近上昇してきております。

米10年債・・・2.476(前日比下落)