2019年 4月2日 株式市場 後場の動き

本日も投資お疲れさまでした。

昨日はいろいろな意味で新年度のスタートを感じました。

朝ドラも新しく始まりました(笑)

 

日経平均・・・21,505.31銭(前日比-3.72銭)
TOPIX・・・1,611.69(前日比-4.12)
JASDAQ・・・3,423.66(前日比-20.30)
マザーズ指数・・・908.69(前日比-34.63)

 

さて、後場に入り前場の寄り付きで付けた高値展開から徐々に利益確定売りに押され始め、ついにはマイナス圏入りしてしまいました。

一部金融機関が利益確定のため大きな売りを出したのが原因のようです。

東証一部では主力株が買われる反面、マザーズ市場ではバイオ関連株が売られ、大幅続落、投資家心理も悪化したものと思われます。

 

日経平均の下げは限定的でしたが、マザーズ市場は3.67%も下落しているので、この流れが明日も引きずるのでは?との声も聞こえております。

 

前場レポートでも記載しましたが、最近の日本株市場はアメリカ・中国の指標の影響で高値を作るものの、なかなか大引けにかけてその勢いが続かない傾向にあるので、またリスクオフムードが高まると一気に暴落することになると思います。

 

短期投資、空売りをもっと勉強して、確実に利益をだせるようにしないといけないと感じた1日でした。

 

☆本日のランキング

 

値上がり率 上位5社1位<1449>(株)FUJIジャパン(+26.76%)
2位<3825>(株)リミックスポイント(+26.14%)
3位<4317>(株)レイ(+23.60%)
4位<7709>クボテック(株)(+20.17%)
5位<6563>(株)みらいワークス(+18.40%)

 

値下がり率 下位5社

1位<4563>アンジェス(株)(-19.16%)
2位<4588>オンコリスバイオファーマ(株)(-18.59%)
3位<4766>(株)ピーエイ(-18.27%)
4位<2351>(株)ASJ(-17.32%)
5位<9446>(株)サカイホールディングス(-17.32%)

 

業種別 上位5
1位 鉱業(+1.81%)
2位 非鉄金属(+1.65%)
3位 機械(1.38%)
4位 銀行業(+1.21%)
5位 証券・商品先物業(+1.13%)

業種別 下位5
1位 不動産業(-2.24%)
2位 陸運業(-2.03%)
3位 小売業(-1.98%)
4位 電気・ガス業(-1.85%)
5位 水産・農林業(-1.67%)