2019年 4月1日 株式市場 前場の動き

前場の取引お疲れ様です。

元号も「令和」に決まり、気持ち新たに投資にまい進できそうですね(笑)

 

日経平均・・・21,679.44銭(前日比+473.63銭)
TOPIX・・・1,624.11(前日比+32.47)
JASDAQ・・・3,455.44(前日比+11.25)
マザーズ指数・・・957.57(前日比+1.73)

 

さて、本日の株式市場は朝方より買いが先行し、大幅続伸になっております。

理由としては・・・

①先週末、ライトハイザー氏とムニューシン氏が米中貿易会議に向けて、報復関税を行わないことを決定した旨の発表が好感され、米国株が大幅に上昇した流れを受けていること。

 

②中国の経済指標である、3月製造業PMI指数が改善し、関連銘柄に買いが入りやすい状況になっている。

 

③円安・ドル高が進行し、輸出関連銘柄に買いが入りやすい状況になっている。

 

などがあげられます。また、新元号の発表のご祝儀的なムード、日銀短観の悪化も市場の想定の範囲であったため本日は一日を通して高値圏での推移が予想されます。

 

イギリスのブレグジット問題の先行きは不透明ですが、メイ首相のEU離脱案の否決後のポンドの下落幅は前の2回より縮小しており、合意なき離脱への可能性は高まっている中でも、市場はその動向を織り込んでいる感があります。

 

直近では3日より始まる、米中閣僚級会議での進展を注視する力のほうが強そうですね。

 

朝8時48分頃の数字回り

円/ドル・・・110.938(円安)

原油・・・60.39(前週比上昇)

米10年債・・・2.407(前週比上昇)