2019年 3月20日 株式市場 後場の動き

本日も一日お疲れ様です。

 

後場日経平均は 21,608.92銭(前日比 +42.07銭高)と小幅に値上がりしました。

前場では方向感のない展開でしたが、後場に入り、期末の配当取りを狙った個人投資家の買いが入り、相場をやや押し上げる展開になりました。

また、その他の要因としては外国為替市場で若干円安ドル高が進行したことも下支えになったようです。

 

しかし、米中貿易交渉で中国が、知的財産権問題では合意しているものの、関税撤廃の確約をいまだアメリカから得られていないことで、交渉がこじれているとの報道が上値を重くしている要因の一つになっています。