ウクライナ大統領選に潜む思惑

こんにちは えむエムです。

 

さて、本日は明日4月22日に発表されるウクライナ大統領選について記載したいと思います。

 

今回の大統領選挙、世界が注目する理由はずばり、新人候補の経歴にあります。

本日はウクライナを取り巻く環境をわかりやすく説明したいと思います。

現在のウクライナの状況

f:id:MandM-pp:20190421184506g:plain

ウクライナはヨーロッパとロシアの間にある国で、歴史的に親ロシア派とロシアからの独立派が政権をとりあっていました。

 

しかし、2014年に独立派が新ロシア派の大統領を追放したことで事件が起こります。

 

ロシアのプーチン大統領がクリミヤ半島のロシア系の人々の安全が脅かされるとかなり強引な理論を唱え、クリミヤ半島を強引に併合してしまいました。

 

また、それだけに留まらず、ウクライナ東部で武装組織を支援、ウクライナ政府軍と紛争を起こすまでに発展させました。

 

本当にこの人はむちゃくちゃです。

 

そんなロシアの強引なやり方に完全に対抗していく、と表明しているのが現職のポロシェンコ大統領です。

 

しかし、現状ポロシェンコ政権は経済悪化、汚職を受け、その人気が低迷しており、本日の記事の題名になっている大統領選で敗北の恐れがでてきております。

 

世界が注目するウクライナ大統領候補とは

 

f:id:MandM-pp:20190421184149j:plain

 写真の人物がウラジーミル・ゼレンスキー候補(41)です。

この人物が何故こんなに注目されるかというと、この人が政治経験ゼロのコメディアンだからです。

 

ゼレンスキー氏は2015年から放送のドラマ「国民のしもべ」で熱血高校教師がひょんな理由で熱血大統領に転身する主人公を演じており、この役をそのまま自分に投影させ、今回の大統領選挙で現職のポロシェンコ大統領を破りそうな勢いをみせております。

 

このゼレンスキー氏の考え方はどちらかといえば親ロシアに近いものがあり、クリミヤ半島とウクライナ東部の紛争はロシアと話し合いを通して解決していこうと考えています。

 

そのため、ロシアからしても、言うことを聞かないポロシェンコ大統領よりはやりやすいと目され、歓迎されている現状があります。

ウクライナ情勢とNATO

実は今回の大統領選挙に大きな影響をもたらす存在があります。

それはNATO北大西洋条約機構)で、これは簡単に言えば、アメリカとヨーロッパを中心とするロシアに対する軍事同盟です。

 

現在、ウクライナNATOに加盟していませんが、ポロシェンコ大統領はNATOへ加盟し、ロシアとの対抗姿勢をより強調したいと考えており、ゼレンスキー氏は国民投票で加入の是非を決めればよい、と考えているようです。

 

そのため、ロシアとしては、ウクライナNATOに加盟してほしくないので、ゼレンスキー氏をより強く押したい思惑があるのです。

 

明日決まるウクライナ大統領

明日、2019年4月22日の朝方には大勢が判明すると思われますが、現時点ではなんと、ゼレンスキー氏が圧倒的にリードしているそうです。

 

このまま、大統領役が本物の大統領に!!アメリカのレーガン大統領みたいな芸能人?の大統領誕生となるのでしょうか。

 

しかし、実はゼレンスキー氏はウクライナ内の現政権への不満を追い風にしている所があり、その公約には曖昧な部分も多いとされています。

 

そのため、政治経験だけはすごいプーチン大統領と渡り合っていけるのかは不安の声もあります。

 

個人的にはプーチン大統領は大嫌いなので、ゼレンスキー氏には平和的にウクライナ情勢を解決してほしいと心より願っています。

 

ちなみに本当にどうでもよい話ですが、ロシアの大統領(トップ)の顔ぶれは髪の毛が「ふさふさ」な人物と「禿げている」人物が交互にきているようですよ(笑)

フリマアプリとリアルフリーマーケットに関する考察、販売実績など

こんにちは えむエムです。

 

今日はフリーマーケットに関して、実際に体験したことを記事にしてみました。

 

私がフリマアプリ「メルカリ」「ラクマ」を使い始めたのは2019年1月からで、まだ初心者なのですが、すでに25万円くらいの売り上げになっているので、案外馬鹿にできない金額になっていると思います。

 

また、実際に対面販売するリアルフリーマーケットについても自分の考えを書いてみました。

 

フリマアプリの素晴らしさ

フリマアプリとの出会い

私がフリマアプリの存在を知ったのは2017年前半くらいだと思うのですが、その時は仕事が忙しく、なかなか取り組もうと考えることはできませんでした。

 

2018年に仕事を辞め専業トレーダーになり、1年がたとうとする頃、弟とたまたま話をする機会があり、フリマアプリで「お小遣い稼ぎくらいは簡単にできるよ」と教わりました。

 

なら、空いた時間でやってみよう!!と思い、最初にボロボロでもう使わない卓球ラケットを何も考えず5,000円で出品したところ・・・

 

なんと1分で売れてしまいました・・・

 

後で調べたら、そのラケットはすでに廃盤で、日本には売っておらず。

現在、女子卓球選手の石川佳純さんや早田ひなさんが使っているラケットで、ものすごくプレミアがついている状況でした。

(知り合いに聞いたらボロボロでも10,000円では売れたとのこと)

 

この出来事から私の考え方は一気に変わりました。

家にある使っていないものはすべてお金になる=資産だと考えるようになり、積極的にフリマアプリに出品するようになりました。

 

メルカリ・ラクマ比較

さて、そんなフリマアプリですが、大きなところでは「メルカリ」「ラクマ」が有名でしょう。

参考までに、この2社を(簡単にですが)比較しておきます。

 

①ダウンロード数

・メルカリ⇒7,000万ダウンロード

ラクマ ⇒1,500万ダウンロード

 

②販売手数料

・メルカリ⇒10%

ラクマ ⇒3.5%

 

③売上金を自分の銀行口座に振り込む際の手数料

・メルカリ⇒210円 ※10,000円以上の場合は無料

ラクマ ⇒210円 ※10,000円以上で楽天銀行に振り込む場合のみ無料

 

上記のデータから言える、どちらのアプリを使えば良いかの結論ですが・・・

☆早く売りたい・価格帯が安いモノ             ⇒メルカリを使うべき

☆販売を焦っていない・利益を極力多くしたい・価格が高いモノ ⇒ラクマを使うべき

リアルフリーマーケットの素晴らしさ

さて、フリマアプリではなく、実際に対面販売を行うリアルフリーマーケットについても記載したいと思います。

私の住んでいる地域では、年に2回ほど近くの広場でフリマが開催されます。

 

出展料は一区画1,500円で、朝7時半から準備をして15時に終わるほぼ一日作業のイベントです。

 

実際、リアルフリマのネックは訪れる(実際に商品を見てくれる人)の数です。

フリマアプリなら、1つの出品でも100件~1000件ほどの閲覧があります。

しかし、町の小さなフリマでは良くても100人くらいの来場になります。

 

また、フリマアプリだと後述しますが、高額商品も売れることがあります、しかしリアルフリマでは100円~500円ほどの価格帯が一番の売れ筋になります。

 

そんなリアルフリマでも良いところはたくさんあります。

①お客さんと直接やりとりできることです。やはり顔を見て話ながらの商売は楽しいものです。

 

②フリマアプリでは手数料とは別に配送料もかかります、大体60cmサイズの箱だと700円くらいの配送料がかかるので、中途半端な大きさの商品は1,000円で売ってほぼチャラくらいの利益になります。

そのため、リアルフリマではお客さんが持ち帰れる範囲であれば、配送料分安くしても、十分にお金になるのがいいですね。

 

③家族、友人、恋人とリアルフリマに出店するのは楽しいものです、準備から実際の商売をする過程すべてが一つのイベントであり、思い出ですよね(笑)

売れた商品の実績

実際に私がフリマアプリ、リアルフリマで売った(売れた)商品と金額を記載します。

フリマアプリ

・万博記念コイン⇒50,000円

・壊れて動かないウォークマン1,000円~2,000円

・お店にもっていっても価値のないトレカ(まとめ売りで)⇒300円~4,000円

・使っていない卓球ラケット⇒3,000円~25,000円

・昔遊んでいたロボットのおもちゃ⇒4,000円

リアルフリーマーケット

・履かなくなったナイキの靴⇒1,500円

・シャツ⇒500円

・ジャンパー⇒1,000円

・鞄類(ノンブランド)⇒200円~500円

・加湿器⇒1,000円

・キーホルダー⇒50円

・プラモデル(完成品)⇒100円

本日のまとめ

フリマの最大の魅力は もう使わないモノ に資産としての価値が生まれることにあります。

しかもそれが、買う側には懐かしさやプレミア感、別の使用用途などがあり、お金を払ってでも欲しいという感情が芽生えることを意味します。

 

フリマアプリの登場は昔では考えられないスピードで個人がモノを売ることを可能にしました、またリアルフリマは売るスピードこそ遅いですが、その行為そのものにいろいろな価値があると私は考えます。

 

この記事を読んでいただけるみなさんも、家にあるものをまずはフリマアプリで出品してみてはいかがでしょうか?

また、時間があるなら、家族、友人、恋人とイベント感覚でリアルフリマに出店してみるのも楽しいですよ。

 

以上フリーマーケットに関する記事でした。

2019年4月19日 池袋交通事故 高齢者の運転について考える

こんにちは えむエムです。

 

本日発生した池袋の交通事故、80代の高齢男性が運転する乗用車が、10人の人をはね、ごみ収集車に衝突するという凄惨なものになりました。

 

この記事を書いている時点で、30代の女性と女児が亡くなられたそうです。

 

高齢者の運転による事故が起きるたび、早々に免許返納をするように促すだけではなく、ある一定年齢になれば自動的に免許を取り上げる必要があるのではないか?

との声が聞こえます。

 

どうすれば良いのか、非常に難しいですが、一度自分なりに考察してみました。

高齢運転者の事故の実情

 

 警察庁によると、2018年に死亡事故を起こした75歳以上のドライバーは前年比42人増の460人で2年ぶりに増え、全体に占める割合は14.8%と過去最高だったようです。

 

60人の事故原因を分析したところ、ブレーキやアクセルの踏み間違いなど「操作不適が136人(30%)、左右の確認をしないなど「安全不確認」が105人(23%)で、多くの人が認知症の恐れや認知機能が低下していると診断されているそうです。

高齢者運転は何故なくならないのか?

 

上記の現状を鑑みるに、免許更新の際、明らかに判断能力の衰えた人には免許更新をさせないことが大前提になるとは思います。

しかし、どうしても生きていくのに車が必要な高齢者の方もいるということです。

 

例えば・・・

①農家など、若い人が少なく、どうしても高齢者が多い仕事に従事している場合。

②公共交通機関が整備されておらず、スーパー・病院にいくのに車を使う必要がある場合。

特に田舎では、タクシー、バス、電車など、普段都会にいて車を必要としない若者には理解が及ばない苦労があります。

③単純な趣味、車があると便利だから程度→認知症の疑いがあるなら免許を取り上げてほしいですね。

解決策

現状、多くの人が、悲惨な事故をなくすためにいろいろ知恵を出している中、自分程度が出せる解決策で恐縮なのですが、記載します。

 

大前提として、認知症の可能性があると診断されている高齢者は免許を返納しなければならないと私は考えています。

しかし、生活する上でどうしても車を必要としている人には、下記のような案を考えました。

 

①どうしても車が必要な人は特別な免許証を作り、他と区別する

認知症の疑いのある高齢者の乗る車は「自動安全ブレーキ」「誤発進抑制システム」の搭載された車のみにする。

 

自動ブレーキが働けば歩行者がいる場合に止まれる可能性が高くなりますし、誤発進を抑制するシステムも搭載されているので、事故が発生する可能性は格段に減ると思われます。

 

しかし、これには買い替えの費用があるのかが課題です。

稚拙な案にはなりますが・・・

①特別な免許を持つ高齢者は買い替えの際、下取り車を国が補助を出すことで、少し高く買うシステムを作る。

 

②単純に買い替えの費用を国が補助する。

 

③国・市・町・役場が購入し、リース契約、カーシェアリングを行う。

 

など現実的に可能かはわかりませんが国や地方自治体の支援が必要になるでしょう。

国がこの問題に対して具体的にどこまで踏み込んで動くかが根本にあるとおもいます。

 結論

今回の事件がどのような事例で起こったかはまだわかりませんが、本当に悲しい事件です。

個人の意見としては認知症の疑いがあるのに免許を返納せず、趣味程度で車を乗り回し事故を起こす老人には、厳しいですが重い罰を受けてもらいたいです。

 車は走る凶器で、人の命を簡単に奪うことができるため、安易な気持ちで乗ってほしくないです。

 

 これからどんどん高齢化社会が進む中で、安全な車がたくさん出回り、事故が少なくなることを心より願います。 

 

 

 

 

2019年 4月19日 株式市場 後場の動き

本日&今週も投資お疲れ様です。

 

池袋で80代が運転する車が10人をはねる事故が起こったそうです。

高齢者の免許に関して、やはり返納を強制するしか手がないのか、もしくはどうしても車に乗らないといけない事情がある場合の対処など、本当に難しい問題です。

 

[指標大引け]

 

日経平均・・・22,200.56銭(前日比+110.44銭
TOPIX・・・1,616.93(前日比+1.96
JASDAQ・・・3,450.48(前日比-0.22
マザーズ指数・・・937.61(前日比+4.60

 

[後場の動き]

 

予想通り、明日はアメリカ・イギリス市場が休場なため、後場に入ると積極的な売買は少なくなり、利益確定売りも増える展開となりました。

そのため、一時72円高まで押し戻された日経平均ですが、ファストリなどが高値圏に戻ってくると、買い戻しの動きも強まり、大引けにかけて、価格が戻る展開になりました。


売買代金は2兆208億円となんとか節目の2兆円は保つことができました。

これには本日大幅高を記録している任天堂株を保有している投資家の心理が強気に傾いていたことによる買いが入ったおかげかと思われます。

 

来週はいよいよGW前の週に入ってきます。

正直誰も経験したことがない10連休なので、何がおこるかわかりません。

心理からいけば手控えムードがただよい、株価は下がる可能性が高いですが、ポジション軽くして、しっかりと動きを注視していきたいです。

 

 

[本日のランキング]

 

☆値上がり上位5社

1位<3823>(株)アクロディア(+35.09%)
2位<3930>(株)はてな(+19.05%)
3位<4316>(株)ビーマップ(+18.94%)
4位<4657>(株)環境管理センター(+18.22%)
5位<4308>(株)Jストリーム(+17.58%)

☆値下がり下位5社

1位<6182>(株)ロゼッタ(-11.93%)
2位<9064>ヤマトホールディングス(株)(-10.49%)
3位<4397>(株)チームスピリット(-9.49%)
4位<8894>(株)原弘産(-9.09%)
5位<3904>(株)カヤック(-8.30%)

 

業種別 上位5
1位 その他製品(+6.61%)→任天堂の影響半端ないですね。
2位 機械(+0.98%)
3位 電気機器(+0.78%)
4位 水産・農林業(+0.64%)
5位 海運業(+0.56%)

 

業種別 下位5
1位 鉱業(-1.47%)
2位 空運業(-1.35%)
3位 陸運業(-1.12%)
4位 金属製品(-1.07%)
5位 保険業(-0.95%)

 

 

 

2019年 4月19日 株式市場 前場の動き

前場の取引お疲れ様です。

自民党萩生田光一幹事長代行が10月に予定される消費税率の引き上げを見送る可能性に言及したことが物議を醸しています。

個人的には延期してもらって問題ないのですが、まあリーマンショック級のことがない限りありえないという見解通りになるのでしょうが・・・


日経平均・・・22,223.41銭(前日比+133.29銭
TOPIX・・・1,619.19(前日比+4.22
JASDAQ・・・3,457.06(前日比+6.36
マザーズ指数・・・934.42(前日比+1.41

 

 

昨日のアメリカ市場はダウが堅調に推移する結果となりました。

ハネウェル・インターナショナル、建機・産業機器レンタルのユナイテッド・レンタルズや工具の製造・販売などを手掛けるスナップオン、機のキャタピラーや航空機のボーイングなど資本財関連株が上昇したことが要因となっています。

 

また米中貿易会議においても、中国側から合意に関する進展があったとの報道があり、ダウの下支えになりました。

 

日本株アメリカ株高の影響を受け朝から買いが先行、一時162円高まで上昇し、一巡後も下値は限定的になっています。

 

また、個別株としては任天堂が大幅に上昇しており、広東省当局が中国のインターネットサービス大手のテンセントに「ニンテンドースイッチ」を流通させる許可を出したとの報道が原因になっております。

 

また、寄与度の高い ファストリキーエンス、東京エレクなども買われており、後場に入ると若干弱含む可能性もありますが、プラス圏で推移するものと思われます。

 

本日朝8時53分頃の数字回り

 

円/ドル・・・111.994

原油・・・64.06

米10年債・・・2.562

電車の女性専用車両に怒る男性がいる件

こんにちは えむエムです。

 

少し前の出来事ですが、一部の男性が女性専用車両に乗り込み、乗り合わせた女性と口論になり、電車の出発が遅れたというニュースがありました。

 

この事件から、電車車両の新たなあり方を考察してみました。

 

f:id:MandM-pp:20190418164405j:plain

[事件の概略]

 
この時の女性の言い分を要約すると・・・

女性専用車両ですよ、男性は降りてください」ということになります。

 

しかし男性の言い分は・・・

女性専用車両に法的拘束はない、鉄道会社からはあくまで協力を依頼されているだけだ、協力をする義務はない」ということみたいです。

 

私も過去に一度、急いでいたので、間違えて女性専用車両に乗り込み、乗客の女性から注意を受けた記憶がありますが、当然すぐに普通車両に移動しました。

 

私のような男性がほとんどだと思いますが、中にはこの問題を男性差別だ!!とする方々が上記のような問題を引き起こしたのでしょう。

 

[女性専用車両の事情]

 

そもそも女性専用車両は痴漢被害に苦しむ女性のために作られた車両であることは当然の事実です。

では痴漢をするのは誰なのか?=(ほぼ)男性です。

男性が女性を性的対象として捉え、電車が異常に発達した日本社会で、多くの女性に痴漢をしまくったから、怯える女性を守るため女性専用車両はできたのです。

 

今でも年間に4,000件近くの検挙があるそうですが、実際被害を言えない女性はもっといるでしょう、男性差別だ!!と訴える人たちは、(当然痴漢をしたことはないでしょうが)この歴史を踏まえる必要があるでしょう。 

 

基本的に男が悪いのです。

 

[痴漢冤罪]

 

しかし、男性側が一転被害者になることもあります。

そう痴漢冤罪です。

これは、女性が意図的に男性を嵌める場合と、意図せず、男性が犯人になってしまうパターンがあるかと思いますが、一度痴漢の疑義をかけられると、男性に待っているのは非常につらい現実です。

 

痴漢冤罪は逮捕された場合 やっていないことを証明しなければいけないようで、裁判になっても無実を勝ち取るのはかなり難しく、示談金を払うケースが多いようです。

 

本当に痴漢冤罪は最悪です・・・男性も、本当に被害にあっている女性も誰も得しません。

 

 

[私が考える解決策]

 

 この事件の直接の解決になるかはわかりませんが、自分なりの結論を言いますと、ずばり男性専用車両を作ることです。

「なんだ それは男性差別を言う人たちと同じではないか!!」という意見もあるかと思いますが、この結論にいたる考え方が違うのです。

 

それは男性差別という考え方ではなく、痴漢冤罪を無くしたいという思いからです。

 

男性専用車両であれば、そこに乗るのは男性だけ、今述べてきた痴漢の概念に当てはまる行為はおこらないでしょう。

 

男性専用車両なんて必要ない!!」と逆に女性からご指摘もらいそうですが、しかし

考えてみてほしいのです。

痴漢冤罪の犯人に女性は確かに該当しづらいですが、その女性の夫、父親、恋人、息子などは男性です。

こういった自分に関係のある男性は常に痴漢冤罪のリスクを抱えているのです。

 

なので、痴漢冤罪に苦しむ男性をなくすためにも、鉄道会社には男性専用車両を少しでも導入してもらいたいです。

別に女性専用車両と同数の車両を用意する必要はないと思います。

 

実際に導入されれば、この事件で男性差別だと怒る人達にも一定の配慮がなされるのではないでしょうか。

 

もちろん、痴漢をする人間が一番の悪で、意図的に男性を嵌める女性も極悪人です。

 

そういった、残念な人がおらず、多くの人が安心し納得して乗れる電車社会になっていくことを期待してまとめとさせていただきます。

 

 

 

2019年 4月18日 株式市場 後場の動き

本日も一日投資お疲れ様です。

 

台湾東部・花蓮県マグニチュード7.1の地震があったようです。

大きな被害がでないことを祈ります。

 

[指標大引け]

 

日経平均・・・22,090.12銭(前日比-187.85銭
TOPIX・・・1,614.97(前日比-15.71
JASDAQ・・・3,450.70(前日比-23.54
マザーズ指数・・・933.01(前日比-10.67

 

[後場の動き]

後場に入ると予想通り、下げ幅をやや広げる展開となりました。

自分の予想は-150円ほどだったので、一時下げ幅が200円を超えた時はやや焦りましたが、ファストリキーエンスなどが高値維持していたので、その後は下げ渋りました。

 

為替が111円台に入ったのと、日経平均CFDとダウ平均CFDが小幅ながらに下落したことが原因と思われます。

 

やはり、5日連続株価が続伸するなか、利益確定売りの力を突破するだけの材料不足な一日でした。

 

世界に目をやると、中国経済は年初来の堅調さを維持していますが、やはり、米中協議の結果がすべてを吹き飛ばす可能性あるので、油断できません。

水面下では中国がアメリカからの貿易額を増やしたり、知的財産権の問題も解決しているようですが、中国が求める関税の即時撤廃にはアメリカは難色を示しているようです。

また、トランプ大統領アメリカでの米中首脳会談ですべて決着させたい思惑があるようですが、習近平はあまり乗り気ではないようで、すべてご破算にならないことを祈るばかりです。

 

また、逆イールドが解消されたアメリカですが、FRBが利上げを止めたため、逆に長期金利が上昇してきているのも気になります。

昨年は株価が上昇し、債券が売られることで長期金利が上昇しすぎたため、クラッシュしました。

株と債券のイールドスプレッドが一気に縮まるとまたクラッシュする可能性あるので、個人投資家は常にこのことを頭にいれておいたほうがよいでしょう。

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

 

1位<3823>(株)アクロディア(+28.09%)
2位<4657>(株)環境管理センター(+22.28%)
3位<4596>窪田製薬ホールディングス(株)(+18.74%)
4位<4592>サンバイオ(株)(+17.46%)
5位<4575>(株)キャンバス(+15.05%)

☆値下がり下位5社


1位<6031>サイジニア(株)(-9.84%)
2位<6838>(株)多摩川ホールディングス(-9.79%)
3位<2438>(株)アスカネット(-9.76%)
4位<6058>(株)ベクトル(-9.62%)
5位<3919>パイプドHD(株)(-9.30%)

業種別 上位5
1位 輸送用機器(+0.64%)
2位 ゴム製品(+0.09%)
3位 鉱業(+0.03%)
4位 空運業(-0.16%)
5位 石油・石炭製品(-0.29%)

業種別 下位5
1位 医薬品(-3.32%)
2位 精密機器(-2.74%)
3位 パルプ・紙(-2.41%)
4位 金属製品(-1.94%)
5位 水産・農林業(-1.71%)