2019年 12月13日 株式市場の動き まとめ

本日&今週も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

昨日のプロツアーグランドファイナルにて、オリンピックレースの獲得ポイントが平野選手を上回った石川選手がシングルスの代表に内定しました。

 

この一年間オリンピックの代表を獲るためだけに一生懸命努力した二人の姿は本当に美しく、また明暗が分かれた後の涙には心が打たれました。

 

二人に対して、「お疲れ様でした」と言いたいですし、石川選手には「おめでとう!!頑張ってね」と言いたいです。

 

その他には佐藤瞳選手が中国の丁寧に勝つ金星を挙げましたが、丁寧選手にその力を出せない戦術はさすがだと思いました。

 

そして本日、伊藤美誠選手が台湾の鄭怡静選手をセットカウント4-3のジュースで振り切り勝利を手にしてベスト8入り、次は丁寧選手に勝った佐藤瞳選手との対決が決定しました。

 

伊藤選手の試合は生で見ていたのですが、戦術の広さ、そしてその戦術を実行できるメンタルが本当にすごいと思いました。

 

サーブの出し方・出す位置・コース、三球目・五球目のシステム、レシーブをバックで処理するのか回り込むのかなど、たくさんの戦術を見せてくれました。

 

やはり伊藤選手が現時点で頭一つ抜けている感はありますので、オリンピックでの個人のメダルを期待せずにはいられません、もちろん石川選手にも大いに期待してます。

 

そして私は18日のオリンピックチケットの当選発表を祈る気持ちで過ごす今日この頃です。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・24,023.10銭(前日比+598.29銭
TOPIX・・・1,739.98(前日比+27.15
JASDAQ・・・3,737.39(前日比+2.24
マザーズ指数・・・885.27(前日比-7.84

 

[本日の動き]

 

昨日のアメリカ市場
ダウが+220.75㌦28,132.05ドル
S&P500指数は+26.95ポイント3,168.58

 

昨日のアメリカ市場は3指数揃って大幅上昇となりました。

 

一番大きな理由は、トランプ大統領が昨夜ツイッターで「中国との合意が近い」と発信したことで一気にリスクオンムードが漂い株が買われました。

 

その後、米メディアが、「トランプ米大統領が15日に予定していた対中制裁関税について、第4弾の全面発動を見送る米中間の部分的な貿易合意に署名した」と報じたことで、15日に中国からの輸入品約1600億ドル(約17兆5100億円)相当に対して発動予定だった関税引き上げは、合意の一環として見送られることが決定しました。

 

いや~よかった・・・という反面ダブルインバースのダメージが大きすぎて個人的には吐きそうになりましたが。

 

まあ、保有株やFXが上昇したので良しとします。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

昨日のアメリカ市場の上昇要因が、米中貿易問題の解決という点にあったため、日本市場は抑圧から解放されたように朝から株が買われました。

 

これには、英下院総選挙の結果が与党・保守党の優勢が早朝から伝わり、英国の欧州連合EU)離脱を巡る不透明感が薄らいだことも寄与しています。

 

日経平均は寄り付き後から順調に上がり続け、後場終盤には前日比625円23銭高になり、上昇幅は今年最大となりました。

 

さすがに心理的節目の24,000円ラインで止まるのは仕方ないのかな、という気もしますが、東証一部の売買代金も3兆4,415億円と凄まじいものになりました。

 

これで今週のビッグイベントは一応通過したと考えられるので、しばらく株価は堅調に推移するのではないでしょうか?

 

個人的には25,000円ラインもあり得ると思うので、来週以降銘柄厳選して積極的な仕込みに回りたいと考えています。

 

それでは本日はこの辺で、良い週末をお過ごしください!!

 

 

[本日のランキング]

 

☆値上がり上位5社

1位<1689>WisdomTree 天然ガス上場投信(+50.0%)
2位<8186>(株)大塚家具(+37.74%)
3位<5939>(株)大谷工業(+29.85%)
4位<2156>セーラー広告(株)(+26.49%)
5位<3976>(株)シャノン(+23.88%)

☆値下り下位5社

1位<6966>(株)三井ハイテック(-20.77%)
2位<3549>(株)クスリのアオキホールディングス(-15.17%)
3位<5218>(株)オハラ(-13.76%)
4位<6757>(株)OSGコーポレーション(-13.03%)
5位<6875>(株)メガチップス(-12.71%)

 

朝 9時36分頃の数字回り


円/ドル・・・109.471円(円安)
原油・・・59.54(上昇)

 

米5年債・・・1.7308(上昇)
米10年債・・・1.8957(上昇)
米30年債・・・2.3118(上昇)

半導体指数・・・1,759.20(上昇)
ビットコイン・・・781,600円(下落)

 

2019年 12月12日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

卓球の五輪代表を決めるプロツアーグランドファイナルが本日より開始します。

 

注目の女子は、石川佳純選手が中国の劉詩ブン選手と、平野美宇選手が同じく中国の王芸迪選手と対決します、対戦成績は石川選手が0勝11敗、平野選手が0勝1敗とどちらも分は悪いですが、大きな大会では何があるかわかりません。

 

本日19時58分よりTV東京系列で放送されますので、今から楽しみで仕方ないです。

 

また男子も水谷選手が初戦でカルデラノ選手と対戦、オリンピックに出るためには、その次に樊振東選手かボル選手の勝者を倒さないといけません。

 

順当に考えれば樊振東選手が上がってくるので、ここも厳しい戦いになるでしょうね。

 

我々卓球ファンが今できることは、兎にも角にも日本選手の勝利を願うことだと思いますので、TVの前からにはなりますが、一生懸命応援していきましょう!!

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・23,424.81銭(前日比+32.95銭
TOPIX・・・1,712.83(前日比-2.12
JASDAQ・・・3,735.15(前日比-3.07
マザーズ指数・・・893.11(前日比-4.83

 

[本日の動き]

昨日のアメリカ市場
ダウが+29.58㌦27,911.30ドル
S&P500指数は+9.11ポイント3,141.63

 

昨日のアメリカ市場は、FOMCがサプライズなく終わったことで、3指数揃って小幅上昇となりました。

 

注目のパウエル議長の会見で、アメリカの景気に対してポジティブな考えを示した一方で、来年のアメリカの経済成長率は2.0%とし9月の時点と変更がないことから、2020年中は金利を据え置く考えを表明しました。

 

予想通りの展開であっただけに、市場の反応も限定的だったといったところでしょうか・・・

しかしながら、株式指数は小幅プラスですが、債券が買われ、金利が低下していることから、投資家の心理としてはややリスクオフに傾いていることが読み取れます。

 

15日に迫る対中関税問題が無事通貨となれば、アメリカ市場ももう一段の上値を試す可能性ありますが、トランプ大統領必殺の「ちゃぶ台返し」の発動を市場関係者は最も恐れているのだと思います・・・

 

ちなみに私も恐れています・・・

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

昨日のアメリカ市場の動きが小幅に上昇したことで、寄り付き後は日本株買いが優勢な動きとなりました。

 

しかし、為替が円高になっていったこともあり、上値が重い展開へと突入し、その後は英国総選挙を前に前場中に株価はマイナス圏に入る動きとなりました。

 

後場に入ると、昨日のアメリカでの半導体指数が上昇したことによる影響で、日本の半導体銘柄が買われたことで、日経平均はマイナス圏から脱して、小幅ながらプラスで終える形になりました。

 

本日の英国総選挙は保守党が過半数をとれば、EU離脱、逆に労働党過半数をとれば、EU離脱をするかどうかの国民投票になる可能性もあるだけに注目です。

 

今年も残りわずかですが、ビッグイベントの行方をしっかり見極めていきましょう!!

 

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<8186>(株)大塚家具(+30.86%)
2位<7502>(株)プラザクリエイト本社(+23.53%)
3位<6656>インスペック(株)(+23.13%)
4位<3346>21LADY(株)(+22.13%)
5位<3320>クロスプラス(株)(+20.03%)

 

☆値下り下位5社

1位<1689>WisdomTree 天然ガス上場投信(-33.33%)
2位<7064>(株)ハウテレビジョン(-20.59%)
3位<6757>(株)OSGコーポレーション(-12.84%)
4位<7065>ユーピーアール(株)(-12.09%)
5位<2673>夢みつけ隊(株)(-10.53%)

 

 

朝 8時54分頃の数字回り

円/ドル・・・108.547円(円高
原油・・・58.92(下落)

米5年債・・・1.6381(下落)
米10年債・・・1.7931(下落)
米30年債・・・2.2249(下落)

 

半導体指数・・・1,759.20(上昇)
ビットコイン・・・781,600円(下落)

 

2019年 12月11日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

サッカーの東アジアEー1選手権が行われています、昨日は日本対中国戦だったのですが、結果から言えば日本が2-1で勝利し、個人的にも嬉しい限りだったのですが・・・

 

中国のジャン・ジーポンという選手が、とても危険なラフプレーをみせたのが話題になっています。

私も動画で確認したのですが、スパイクの裏で日本の橋岡選手の首に飛び蹴りをかましており、一発退場ものの行為だと誰しもが思ったでしょう。

 

ネットでは「カンフーサッカー」や「少林サッカー」などと言われ、一時トレンド入りしたほどで、この判定が結果としてイエローですんだの全く納得がいかないですよね。

 

本当にスポーツにおけるフェアプレーの精神はどこにいったのでしょう・・・

 

ラフプレーをしてまで勝ちたいのか?私なら正々堂々戦って、その結果負けても惜しみない賛辞を贈りたいと思いますが、この選手の行為は本当に理解不能ですね。

 

たまたまジャン・ジーポン選手だけがあかんたれで、その他の選手はフェアプレーの精神に溢れていることを願わずにはおれません。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・23,391.86銭(前日比-18.33銭
TOPIX・・・1,714.95(前日比-5.82
JASDAQ・・・3,738.22(前日比+3.16
マザーズ指数・・・897.94(前日比-8.27

 

[本日の動き]

 

昨日のアメリカ市場
ダウが-27.88㌦27,881.72ドル
S&P500指数は-3.44ポイント3,132.52

 

昨日のアメリカ市場は重要イベント発表前ということもあり、小幅な動きに終始し、様子見姿勢の投資家が多く、3指数とも小幅下落という展開になりました。

 

本日FOMC後に政策金利の発表とパウエル議長の会見が予定されていますが、政策金利の面でいくとほぼ間違いなく金利は動かないとみられており、サプライズ的な報道はおこりにくいでしょう。

 

しかし、来年の金利見通しについて、最近の雇用統計の結果から見える、アメリカ経済の堅調さから、利上げに関して言及されると、株式市場には下落圧力として働いてくる可能性もありますので注意が必要です。

 

12日はイギリスでEU離脱を争点として下院総選挙が予定されており、この結果も株式・為替市場に大きな影響を与えそうです。

 

もっとも一番大きいインパクトは15日の対中関税弾4弾であることは言わずもがなですが・・・

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

為替相場が昨日より円安で安定して推移したこともあり、朝方日本株は小幅上昇にて推移しました。

 

しかし、その後ナバロ米大統領補佐官が10日、米FOXビジネスとのインタビューで米国による対中関税の引き上げに関し「実行されない兆しはない」と述べたと伝わると、米中関係の悪化が嫌気され株価は急速に売られる展開となりました。(前日比-70円ほど)

 

ただ総じて本日は中国市場が堅調に推移してくれていたので、下げ幅は限定的となり、一日を通した値幅をかなり小さい一日となりました。

 

まあ、こんなにビッグイベント前に積極的にポジションをとろうとする投資家は少ないでしょうから、予想通りの動きとも言えます。

 

あと半月ほどの稼働日ですが、最後の最後に何かがおこる、そんな予感がしますね・・・

 

[本日のランキング]

 

☆値上がり上位5社

1位<1689>WisdomTree天然ガス上場投信(+50.0%)
2位<4597>ソレイジア・ファーマ(株)(+33.33%)
3位<3988>(株)SYSホールディングス(+23.33%)
4位<5939>(株)大谷工業(+21.28%)
5位<4999>セメダイン(株)(+19.87%)


☆値下り下位5社

1位<9262>(株)シルバーライフ(-13.38%)
2位<8938>グローム・ホールディングス(株)(-7.83%)
3位<8918>(株)ランド(-7.69%)
4位<6698>ヴィスコ・テクノロジーズ(株)(-7.18%)
5位<3070>(株)アマガサ(-6.98%)

 

 

朝 8時58分頃の数字回り


円/ドル・・・108.771円(円安)
原油・・・59.09(上昇)

 

米5年債・・・1.6859(上昇)
米10年債・・・1.8416(上昇)
米30年債・・・2.2653(上昇)

半導体指数・・・1,720.90(上昇)
ビットコイン・・・786,7280円(下落)

 

2019年 12月10日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

フィギュアスケートのグランプリファイナルが終わり、羽生選手は2位に入り、女子ではザギトワ選手がまだ17歳なのに最下位になったことで世代交代を叫ばりたりと、いろんなことがありました。

 

しかし、個人的に疑問に思ったのが、そう現在関大の浜田美栄コーチをモラハラで提訴中の織田信成選手が元気に解説をしていた点です。

 

正直、「解説とかの仕事はするんだぁ・・・」という考えが頭をよぎったのは私だけではないはずです。

 

やはり、グランプリファイナルという大事な試合の前に、多くのスケーターに動揺を与える行為をしておきながら、その解説を軽快に行う姿には少しですが不快な気持ちになりました。

 

私は今回の件、織田さんが悪い、浜田さんが悪いという一方を責めるつもりはないです。

 

ただ、監督という立場で、解説の仕事やアイスショーの仕事をする行為はどうなんだろう・・・、もっと信念やビジョンを持って、子供の指導をするべきではなかったのか?という思いはあります。

 

そして、現在、保護者から織田さんからモラハラ的な言葉をあびせられたという声も聞こえてきていますよね。

 

どちらの味方にも立つ気はありませんが、今回の様々な報道を聞く中で、実際のいきさつはどうあれ、織田さんにはそもそも監督の仕事など無理だったのだろうということは理解できました(笑)

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・23,410.19銭(前日比-20.51銭
TOPIX・・・1,720.77(前日比-1.30
JASDAQ・・・3,735.06(前日比+13.52
マザーズ指数・・・906.21(前日比+0.34

 

[本日の動き]

昨日のアメリカ市場
ダウが-105.46㌦27,909.60ドル
S&P500指数は-9.95ポイント3,135.96

 

昨日のアメリカ市場は特段の材料がなく、15日の米中関税第四弾の発動・FOMC・英国の総選挙という3大イベントを前に様子見姿勢から、株価が下落する展開となりました。

 

これは先週末の雇用統計の結果がよく、株価が上昇した反動もあるかと思われます。

 

先週もお伝えしましが、現在世界の目は15日の関税が発動されるのか否かにかかっています。

 

考えられる可能性は下記3つで、それぞれ全く違うシナリオが考えられます。

 

①15日までに協議の合意がなされ、関税が撤廃される→株爆上げ

 

②関税の発動は延期、協議継続→大きな動きは少ない?

 

③関税発動、香港・ウイグル問題の報復も一緒に・・・→暴落

 

とりあえず③の展開になれば、日経平均は1000円以上は下落しそうなので、保有株の整理を真剣に考えておいたほうがよいかもしれませんね。

 

トランプ大統領のことなので、まじで何をするかわかりません、難しい局面です(いつもですが・・・)

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

昨日のアメリカ株の下落を受けて、朝方から日本株も利益確定の売りが広がり、全体的に値下がりしました。

 

前場の早い段階で、日経平均は前日比-94円ほどの下落となった一方、先は上がるのでは?と考える投資家の押し目買いが入り、下値は限定的となり、後場にかけて前日比レベルまで戻る動きもみられました。

 

もっとも、米中関係の不透明さの中、そのまま上昇!!となるはずもなく、任天堂ソニーなど市場の成長期待が強い銘柄に買いは入りましたが、市場を通しては薄商い感は否めない状況と言えます。

 

明日11日にはFOMC、12日は英国総選挙とイベントが目白押しですが、一発退場をしないように気を引き締めて年末までのトレードを頑張りましょう!!

 

それでは本日はこのへんで!!

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<7591>(株)エクセル(+23.79%)
2位<4833>(株)ぱど(+22.22%)
3位<6563>(株)みらいワークス(+21.18%)
4位<2301>(株)学情(+20.88%)
5位<1436>(株)フィット(+17.06%)


☆値下り下位5社

1位<5610>大和重工(株)(-13.99%)
2位<9318>アジア開発キャピタル(株)(-12.50%)
3位<3071>(株)ストリーム(-8.60%)
4位<3267>(株)フィル・カンパニー(-7.20%)
5位<7804>(株)ビーアンドピー(-7.15%)

 

朝 8時58分頃の数字回り

円/ドル・・・108.586円(円安)
原油・・・58.87(変わらず)


米5年債・・・1.6577(下落)
米10年債・・・1.8208(下落)
米30年債・・・2.2567(下落)

 

半導体指数・・・1,714.98(下落)
ビットコイン・・・798,750円(下落)

 

2019年 12月9日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

今朝嬉しい出来事がありました。

 

私は毎朝、読売テレビの「スッキリ」を視聴しているのですが、本日のスッキリのトップニュースが卓球の石川佳純選手と平野美宇選手のオリンピックレースの模様だったことです。

 

思えば、私の中学生のころ卓球のニュースと言えば、福原愛さんの話題のみ、試合放映に関しては、全日本選手権の決勝のみ・・・と本当にトップ選手の動画を見るのも一苦労でした。

 

それが今やTV放映は当たり前、動画ネットで見放題と本当に時代は変わりました。

 

これも、今は現役を引退した選手や、日本卓球協会、それに卓球をメジャーにしようと願うファンの活動の賜物といえますよね。

 

今の卓球ブームに感謝しながら、男女で白熱するオリンピックレースをじっくり応援しようと思う今日この頃です。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・23,430.70銭(前日比+76.30銭
TOPIX・・・1,722.07(前日比+8.71
JASDAQ・・・3,721.54(前日比+10.23
マザーズ指数・・・905.87(前日比-5.22

 

[本日の動き]

 

先週末のアメリカ市場
ダウが+337.27㌦28,015.06ドル
S&P500指数は+28.49ポイント3,145.92

 

先週末のアメリカ市場は3指数揃って大幅上昇となりました。

 

要因としては、6日に発表された11月の雇用統計の結果が、前月比26.6万人増と市場予想(18万人)を大きく上回り失業率はおよそ半世紀ぶりの水準となる3.5%に低下したためです。

 

直前のADP雇用統計の結果が悪かったことで、完全にサプライズとなったことが、投資家心理を大きく改善させたのだと思われます。

 

しかし、15日に発動される可能性のある米中関税の影響があるため、今週は様子見姿勢が強くなる可能性があります。

 

そのため、一旦上がると利益確定というパターンと、値幅があまりないレンジ相場のような動きをする可能性が高いですね。

 

もし、保有株が若干重めなら、すこし整理するのも手かもしれません。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

寄り付き直後は先週末のアメリカ株高の影響もあり、早々に上昇をみせたものの、15日の米中関税問題が重しとなり、徐々に上げ幅を縮める展開となりました。

 

日経平均の最高値は、寄り付き直後の前週末比189円91銭高で、そこからは見せばなく下落、後場にかけて少し戻す動きをみせたものの、買いの力が限定的でした。

 

最近の日本市場はアメリカや香港市場の影響を受けすぎて、あまり書くことがありません(笑)

 

まあもともと7割が外国人投資家が動かしているから仕方ないのかもしれませんが・・・

 

重複になりますが、15日の動きを見据え、積極的に上値を試す展開にはなりにくいと思われますので、くれぐれも資金管理を徹底して、最悪のシナリオの暴落にも耐えられるようにしておきましょう!!

 

それでは今週も頑張っていきましょう!!

 

[本日のランキング]

 

☆値上がり上位5社

1位<1844>(株)大盛工業(+29.55%)
2位<5610>大和重工(株)(+26.55%)
3位<3854>(株)アイル(+24.29%)
4位<3624>アクセルマーク(株)(+21.10%)
5位<6656>インスペック(株)(+20.89%)

 

☆値下り下位5社

1位<1689>WisdomTree 天然ガス上場投信(-33.33%)
2位<2373>(株)ケア21(-11.80%)
3位<6898>トミタ電機(株)(-11.49%)
4位<6192>ハイアス・アンド・カンパニー(株)(-10.98%)
5位<2134>燦キャピタルマネージメント(株)(-10.26%)

 

朝 9時19分頃の数字回り


円/ドル・・・108.569円(円高
原油・・・58.87(上昇)

米5年債・・・1.6675(上昇)
米10年債・・・1.8483(上昇)
米30年債・・・2.2845(上昇)


半導体指数・・・1,724.40(上昇)
ビットコイン・・・816,455円(上昇)

2019年 12月6日 株式市場の動き まとめ

本日&今週も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

来年に迫る東京オリンピック、その代表選考レースが熾烈さをましてきています。

 

男子も女子もそれぞれ、張本智和選手と伊藤美誠選手が内定していますが、シングルスの残り1枠をかけて、男子は水谷選手と丹羽選手、女子は石川佳純選手と平野美宇選手が現在かなり僅差の争いをしています。

 

現在行われているノースアメリカンオープンで石川選手が第一シード、平野選手が第二シードのため、ここでまたポイント差の逆転がおこる可能性もあります。

 

女子はこのノースアメリカンオープンとグランドファイナルの結果次第、男子はグランドファイナルで水谷選手がベスト4以上かつ、丹羽選手が出場できるかどうかがポイントみたいです。

 

どんなに努力しても選考レースに敗れれば悔いが残るでしょう、特に今回のオリンピックは東京で行われるのですからなおさらです。

 

我々にできることは、今回のオリンピックレースで頑張る選手を応援することと、この盛り上がりをどんどん発信することでしょうか・・・

 

とりあえずしっかり選手の試合を目に焼きつけたいと思います。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・23,354.40銭(前日比+54.31銭
TOPIX・・・1,713.36(前日比+1.95
JASDAQ・・・3,711.31(前日比+10.49
マザーズ指数・・・911.09(前日比+8.72

 

[本日の動き]

昨日のアメリカ市場
ダウが+28.01㌦27,677.79ドル
S&P500指数は+4.67ポイント3,117.43

 

5日に発表された週間新規失業保険申請件数が予想より減少し、10月製造業受注が増加に転じたことも好感され買いが先行しました。

 

しかし、10月の米貿易収支で赤字幅が縮小となりましたが、米中摩擦の影響で貿易の総量自体が大きく減っていたことは嫌気され、相場の重しとなりました。

 

上記のように経済指標がプラスとマイナスそれぞれの要素が混在しており、結果として方向感が出にくい展開となったと思われます。

 

また来週は経済指標や政治的なイベントも数多く予定されており、15日には米中の関税問題の結果がでるため、相場が乱高下する可能性もあります。

腕に覚えのあるトレーダーは大儲けのチャンスでしょうが、自信がなければポジションを減らしておくのも一つの手ですね。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

アメリカ市場が小幅上昇となったのと、前日に26兆円規模の経済対策が閣議決定されたことが好感され前場のうちに日経平均は前日比100円を超える展開となりました。

 

しかし、その後雇用統計を見極めたい投資家心理や、やや先の話ですが15日の関税問題に対する警戒感から上値は重く、上げ幅を縮める動きとなりました。

 

先ほども記載しましたが、来週はイベント目白押しなので、しっかりと損切ラインや狙っている銘柄のエントリーポイントを決めて大きなミスなく投資をしていきましょう!!

 

それでは本日はこのへんで!!

 

 

[本日のランキング]

☆値上がり上位5社

1位<9876>(株)コックス(+28.57%)
2位<8885>(株)ラ・アトレ(+19.40%)
3位<6558>クックビズ(株)(+17.08%)
4位<3624>アクセルマーク(株)(+16.37%)
5位<5939>(株)大谷工業(+16.09%)


☆値下り下位5社

1位<6778>(株)アルチザネットワークス(-12.11%)
2位<7268>(株)タツミ(-7.94%)
3位<7959>(株)オリバー(-7.40%)
4位<6945>富士通フロンテック(株)(-7.31%)
5位<5216>(株)倉元製作所(-6.43%)

 

朝 8時57分頃の数字回り

円/ドル・・・108.742円(円高
原油・・・58.35(下落)

米5年債・・・1.6331(上昇)
米10年債・・・1.8086(上昇)
米30年債・・・2.2561(上昇)

半導体指数・・・1,697.66(上昇)
ビットコイン・・・804,094円(上昇)

 

 

2019年 12月5日 株式市場の動き まとめ

本日も投資お疲れ様です。

 

☆本日のニュース

 

新世紀エヴァンゲリオンを制作したことで知られる「ガイナックス」の役員が、自身の経営するプロダクションと専属契約を結んでいた女性にわいせつ行為をして逮捕されました。

 

女性の裸の写真をとったり、足がむくんでいるなどの理由で触ったりしたことが逮捕の理由とのことですが、本人は頼まれたからやったと容疑を否認しているそうです。

 

新井浩文容疑者の場合もそうですが、自宅マンションに招きいれての犯行はどんな理由があっても男性側が不利に聞こえてしまいますよね。

 

もちろん女性側が男性をはめる目的であったことも否定はできないですが、きちんと交際していない女性に男性がせまった時点で世の中的にはアウト!!な風潮になっていることを男性はもっと自覚しないといけないのだと思います。

 

[指標(大引け)]
日経平均・・・23,300.09銭(前日比+164.86銭
TOPIX・・・1,711.41(前日比+8.14
JASDAQ・・・3,700.82(前日比+0.29
マザーズ指数・・・902.37(前日比-10.29

 

[本日の動き]

 

昨日のアメリカ市場
ダウが+146.97㌦27,649.78ドル
S&P500指数は+19.56ポイント3,112.20

 

昨日のアメリカ市場は、新アメリカプロレスのエース:トランプ大統領のマイクパフォーマンスにより、3指数揃って上昇となりました。

 

昨日、米中合意に関しては、「合意に関しては大統領選挙の後まで待った方が良いかもしれない」と発言し、観衆を驚かせたトランプ選手は、本日は一転「中国との交渉は極めて順調で、合意を急がない姿勢を示した前日の大統領発言はその場の思い付きだった」と発言し、世界中の観衆を巻き込んでのプロレスを展開して見せました。

 

そのため、この日は安心感からと、ここ2日で大きく下げた自律反発の動きから株が買われる展開となりました。

 

ただ、トランプ大統領のこのようなやりとりは株式市場には一喜一憂の動きを起こしますが、経済指標のような中・長期的な動きをするものには、如実にマイナスとして表れていることには注意が必要です。

 

ISM非製造業景況指数も市場予想を下回りましたし、民間の雇用統計である11月のADP雇用報告でも市場予想14.0万人に対して、6.7万人の増加に留まるなど、経済指標は不穏な空気が漂い始めています。

 

トランプ大統領を一流のエンターテイナーと笑っていられるうちはいいのですが、次回の大統領選では確実に敗北させないと、世界にとっていいことなどないのだと、多くのアメリカ国民に気が付いて欲しいと願う今日この頃です。

 

さてそんな中、本日の日本市場は・・・

 

昨日のアメリカ市場が上昇したことを受け、日本市場でも朝方から株が買われ、1日を通して高値圏を維持する展開となりました。

 

前場中に日経平均は、一時前日比228円高を記録し、その後は材料不足から利益確定売りが入り上値を押さえましたが、後場に入り、再び上昇を見せる動きとなり、東証一部の売買代金も2兆円を超える展開でした。

 

特段の材料が見られなかったので、トランプ大統領の発言にしばらく振り回されそうな雰囲気ですが、15日の関税発動まではまだ10日ほどありますので、しばらくは23,000円近辺をうろうろするのではないでしょうか?

 

先ほども記載しましたが、まじでトランプ大統領は世界の害悪になっているので、2期目の当選しないように、年明けの初詣のお願いをすることをここに誓います・・・

 

 

[本日のランキング]

 

☆値上がり上位5社

1位<5610>大和重工(株)(+18.07%)
2位<5983>イワブチ(株)(+17.12%)
3位<4699>ウチダエスコ(株)(+15.84%)
4位<3996>サインポスト(株)(+15.58%)
5位<4615>神東塗料(株)(+15.42%)


☆値下り下位5社

1位<7074>(株)トゥエンティーフォーセブン(-12.63%)
2位<4446>(株)Link-U(-12.55%)
3位<3919>パイプドHD(株)(-10.88%)
4位<3933>チエル(株)(-9.69%)
5位<6096>(株)レアジョブ(-9.49%

 

朝 8時59分頃の数字回り


円/ドル・・・108.836円(円安)
原油・・・58.44(上昇)

 

米5年債・・・1.6031(上昇)
米10年債・・・1.7775(上昇)
米30年債・・・2.2243(上昇)

半導体指数・・・1,691.45(上昇)
ビットコイン・・・784,619円(下落)